レプチンの発現を促す

Driving expression of leptin

Editor's Choice

Sci. Signal. 23 Apr 2019:
Vol. 12, Issue 578, eaax7601
DOI: 10.1126/scisignal.aax7601

John F. Foley

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

O. Mohtar, C. Ozdemir, D. Roy, D. Shantaram, A. Emili, K. V. Kandror, Egr1 mediates the effect of insulin on leptin transcription in adipocytes. J. Biol. Chem. 294, 5784-5789 (2019). Abstract/FREE Full TextGoogle Scholar

転写調節因子Egr1は、脂肪細胞によるインスリン依存性のレプチン産生を媒介する。

要約

主に脂肪細胞によって産生されるホルモンであるレプチンは、栄養摂取の直後に循環血液中の濃度が上昇するが、食物がなくなると濃度が低下する。レプチンは視床下部の受容体を標的とし、空腹感の抑制やエネルギー収支の調節などの機能を果たす。Mohtarらは、レプチンをコードする遺伝子obの発現の促進に関与している分子機構を検討した。著者らは、3T3-L1脂肪細胞をインスリンで処理すると、転写因子Egr1(初期増殖応答タンパク質1)の量が増加し、この増加は ob mRNAの産生に先行することを見出した。マウスでは、インスリンの腹腔内注射により、精巣上体脂肪体におけるEgr1タンパク質と ob mRNAの存在量が増加し、レプチンの血中濃度が上昇した。レポーターアッセイとクロマチン免疫沈降実験により、Egr1はインスリン依存的に obプロモーターに結合することが示された。Egr1のコリプレッサーである脂肪滴タンパク質FSP27は、 ob プロモーター上のEgr1の活性を阻害した。脂肪細胞のEgr1をノックダウンすると、インスリン依存性のob mRNA量増加が阻止され、これはアデノウイルスを介するEgr1発現によってレスキューされた。mTORC1阻害剤PP242は、インスリン依存性のEgr1タンパク質量の増加を阻止し、それによってレプチン産生を阻害した。最後に、Egr1をコードする遺伝子の5′非翻訳領域の欠失によって、Egr1タンパク質産生の促進にインスリンが必要なくなり、ob プロモーターを含有するレポーターの活性が上昇した。これらのデータを総合すると、レプチン産生を刺激するインスリンの能力にはEgr1が必要であることが示唆される。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年4月23日号

Editor's Choice

レプチンの発現を促す

Research Article

ORAIチャネルによるCa2+流入の差次的制御がエナメル質の石灰化を媒介している

Research Resources

生命樹に亘る偽キナーゼの起源と進化をたどる

近位ビオチン標識がMerlinと細胞結合タンパク質間の一連の立体配座特異的相互作用を特定する

最新のEditor's Choice記事

2019年7月30日号

新たなつながり:HIPK2は透明な結晶になる

2019年7月23日号

腸内細菌が食物アレルギーを決定する

2019年7月16日号

ビタミンAはどのようにして皮膚を保護するのか

2019年7月9日号

老化に伴う炎症の増加

2019年7月2日号

ユビキチンリガーゼの脂質化