• ホーム
  • プレシジョン免疫療法の精度を高める

プレシジョン免疫療法の精度を高める

Refining precision immunotherapy

Editor's Choice

Sci. Signal. 19 Jan 2021:
Vol. 14, Issue 666, eabg5661
DOI: 10.1126/scisignal.abg5661

Leslie K. Ferrarelli

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA. Email: lferrare@aaas.org

M. Gerlinger, Immunotherapy sensitivity of mismatch repair-deficient cancer: Mutation load is not enough. Cancer Cell 39, 16-18 (2021).
Google Scholar

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33434509/ [PubMed]

C. Lu, J. Guan, S. Lu, Q. Jin, B. Rousseau, T. Lu, D. Stephens, H. Zhang, J. Zhu, M. Yang, Z. Ren, Y. Liang, Z. Liu,C. Han, L. Liu, X. Cao, A. Zhang, J. Qiao, K. Batten, M. Chen, D. H. Castrillon, T. Wang, B. Li, L. A. Diaz Jr., G.-M.Li, Y.-X. Fu, DNA sensing in mismatch repair-deficient tumor cells is essential for anti-tumor immunity. Cancer Cell 39, 96-108.e6 (2021).
Google Scholar

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33338425/ [PubMed]

J. Guan, C. Lu, Q. Jin, H. Lu, X. Chen, L. Tian, Y. Zhang, J. Ortega, J. Zhang, S. Siteni, M. Chen, L. Gu, J. W. Shay,A. J. Davis, Z. J. Chen, Y.-X. Fu, G.-M. Li, MLH1 Deficiency-Triggered DNA Hyperexcision by Exonuclease 1 Activates the cGAS-STING Pathway. Cancer Cell 39, 109-121.e5 (2021).
Google Scholar

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33338427/ [PubMed]

すべてではないが一部のMMR欠損腫瘍が免疫療法に感受性を示すことの理由が、2つの研究から明らかに

要約

通常、高い変異荷重を示す腫瘍には免疫療法が有効であると予測される。しかし2つの研究から、この特徴のみでは、腫瘍が免疫療法に感受性を示すために不十分であることが明らかとなった。具体的には、一部のミスマッチ修復(MMR)欠損がんは免疫療法に感受性を示さない。LuらとGuanらは、ミスマッチ修復タンパク質MLH1の欠損が、cGAS-STINGを介する細胞質DNA感知経路を活性化し、それに伴い、T細胞をプライミングするインターフェロン-βの分泌を活性化することを見出した。より具体的には、MLH1のエキソヌクレアーゼ調節性サブユニットの欠損(MMR欠損腫瘍の約半数でみられる)が、異常に大量なDNAの切除を引き起こし、核内DNAを細胞質に送り込み、cGAS-STINGシグナル伝達を誘発していた。cGAS-STING経路の構成要素の発現低下は、腫瘍へのT細胞浸潤の低下と相関し、その結果、チェックポイント阻害剤治療に対する抵抗性をもたらしていた。これらの研究から、MMR欠損腫瘍の免疫療法に対する感受性の根底にある機構について、われわれの理解が精緻化され、さらに患者における有効性を予測するためのバイオマーカーが同定された(Gerlingerのcommentary参照)。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年1月19日号

Editor's Choice

プレシジョン免疫療法の精度を高める

Research Article

内皮TLR2は血管新生促進性の免疫細胞動員と腫瘍血管新生を促進する

NF-κBはサイトカイン濃度変化の絶対値に応答する

持続的な抗原入力に対する幅広い親和性でのCD8+ T細胞応答の完全適応は共刺激によって克服される

最新のEditor's Choice記事

2021年10月5日号

T細胞療法のためのIL-2の改善

2021年9月28日号

腫瘍の覆いを取る

2021年9月21日号

レプチンをその標的まで輸送する

2021年9月14日号

免疫寛容のための胆汁酸

2021年9月7日号

インスリンとTreg細胞