• ホーム
  • 内皮TLR2は血管新生促進性の免疫細胞動員と腫瘍血管新生を促進する

内皮TLR2は血管新生促進性の免疫細胞動員と腫瘍血管新生を促進する

Endothelial TLR2 promotes proangiogenic immune cell recruitment and tumor angiogenesis

Research Article

Sci. Signal. 19 Jan 2021:
Vol. 14, Issue 666, eabc5371
DOI: 10.1126/scisignal.abc5371

Michael G. McCoy1, Daniel W. Nascimento1, Manoj Veleeparambil1, Rakhylia Murtazina1, Detao Gao2, Svyatoslav Tkachenko3, Eugene Podrez2, and Tatiana V. Byzova1,*

  1. 1 Department of Neuroscience, Lerner Research Institute, Cleveland Clinic, Cleveland, OH 44195, USA.
  2. 2 Department of Inflammation and Immunity, Lerner Research Institute, Cleveland Clinic, Cleveland, OH 44195, USA.
  3. 3 Department of Quantitative Health Sciences, Lerner Research Institute, Cleveland Clinic, Cleveland, OH 44195, USA.

* Corresponding author. Email: byzovat@ccf.org

要約

Toll様受容体2(TLR2)は、主に自然免疫細胞内での機能という観点から、さまざまな病態に関与するとされている。しかし、TLR2は内皮細胞にも存在する。今回われわれは、内皮TLR2シグナル伝達の生理学的および病態生理学的役割を検討した。TLR2-IRES-EGFPレポーターマウスを用いることにより、TLR2はさまざまな組織内で内皮に大量に存在し、内皮細胞の炎症促進性機能に必要とされることがわかった。TLR2を欠損した内皮細胞では、タンパク質、細胞、組織のレベルで炎症誘発能の低下が認められた。培養下および生体内の内皮細胞において、内皮TLR2の欠損により、外因性と内因性の危険信号両方に対する炎症反応が鈍化した。前立腺がんのマウスモデルにおいて、内皮TLR2は腫瘍増殖、血管新生、腫瘍形成促進性の免疫細胞動員を促進した。さらに、P-セレクチンの細胞表面局在化と、それに続く、免疫細胞を動員するその他の重要な細胞接着分子(E-セレクチン、ICAM-1、VCAM-1など)の産生に、内皮TLR2が必要とされた。われわれの結果からは、内皮細胞が自然免疫経路に能動的に寄与することが示されており、内皮TLR2が、炎症促進状態において病理学的役割を果たすことが提唱される。

Citation: M. G. McCoy, D. W. Nascimento, M. Veleeparambil, R. Murtazina, D. Gao, S. Tkachenko, E. Podrez, T. V. Byzova, Endothelial TLR2 promotes proangiogenic immune cell recruitment and tumor angiogenesis. Sci. Signal. 14, eabc5371 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年1月19日号

Editors' Choice

プレシジョン免疫療法の精度を高める

Research Article

内皮TLR2は血管新生促進性の免疫細胞動員と腫瘍血管新生を促進する

NF-κBはサイトカイン濃度変化の絶対値に応答する

持続的な抗原入力に対する幅広い親和性でのCD8+ T細胞応答の完全適応は共刺激によって克服される

最新のResearch Article記事

2024年7月16日号

ヒト単球ではグルコース-酸素の欠乏がHMGCR機能とRac1のプレニル化を抑制し、NLRP3インフラマソームを活性化している

2024年7月16日号

Kv1.3誘導性過分極はカポジ肉腫関連ヘルペスウイルスの効率的な溶解複製に必要である

2024年7月9日号

潜在型細胞外マトリックス複合体からのTGF-β1放出を阻害する抗体が腎線維化の進行を軽減する

2024年7月2日号

改変ミニGタンパク質は対応するGPCRの内在化を妨げ、下流の細胞内シグナル伝達を阻害する

2024年7月2日号

YAPはTEAD–NF-κB複合体を抑制して淡明細胞型腎細胞がんの成長を阻害する