• ホーム
  • 特集:免疫細胞におけるORAIの一部始終

特集:免疫細胞におけるORAIの一部始終

Focus Issue: The ins and outs of ORAI in immune cells

Editorial Guides

Sci. Signal. 08 Mar 2016:
Vol. 9, Issue 418, pp. eg3
DOI: 10.1126/scisignal.aaf4957

Nancy R. Gough*

Editor, Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. E-mail: ngough@aaas.org

要約  本号の特集では、ORAI/STIMチャネル複合体を介したストア作動性カルシウム流入の細胞特異的制御に関する研究に注目している。このようなチャネルの特性とORAI活性の制御方法を理解することで、免疫細胞の機能および免疫系が関わる疾患について、より明確な分子像を得ることとなる。

Citation: N. R. Gough, Focus Issue: The ins and outs of ORAI in immune cells. Sci. Signal. 9, eg3 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年3月8日号

Editor's Choice

チャネル
パネキシン1:NMDAおよびアドレナリン受容体シグナル伝達のメディエーター

Editorial Guides

特集:免疫細胞におけるORAIの一部始終

Research Article

Orai1の細胞型特異的グリコシル化はストア作動性Ca2+流入を調節する

カルシウム‐レドックスフィードバックループがヒト単球の免疫応答を制御する:ORAI Ca2+チャネルの役割

接着分子PECAM-1はTGF-βによって媒介されるT細胞機能の阻害を増強する

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割