• ホーム
  • カルシウム‐レドックスフィードバックループがヒト単球の免疫応答を制御する:ORAI Ca2+チャネルの役割

カルシウム‐レドックスフィードバックループがヒト単球の免疫応答を制御する:ORAI Ca2+チャネルの役割

A calcium-redox feedback loop controls human monocyte immune responses: The role of ORAI Ca2+ channels

Research Article

Sci. Signal. 08 Mar 2016:
Vol. 9, Issue 418, pp. ra26
DOI: 10.1126/scisignal.aaf1639

Stephanie Saul1,*, Christine S. Gibhardt1, Barbara Schmidt1,2,3, Annette Lis1, Bastian Pasieka1, David Conrad1, Philipp Jung4, Rosmarie Gaupp4, Bodo Wonnenberg5, Ebru Diler5, Hedwig Stanisz6, Thomas Vogt6, Eva C. Schwarz1, Markus Bischoff4, Mathias Herrmann4, Thomas Tschernig5, Reinhard Kappl1, Heiko Rieger2, Barbara A. Niemeyer3, and Ivan Bogeski1,† 

1 Department of Biophysics, Center for Integrative Physiology and Molecular Medicine (CIPPM), School of Medicine, Saarland University, Homburg 66421, Germany.
2 Department of Theoretical Physics, Saarland University, Saarbrücken 66123, Germany.
3 Molecular Biophysics, CIPMM, School of Medicine, Saarland University, Homburg 66421, Germany.
4 Institute of Medical Microbiology and Hygiene, Saarland University, Homburg 66421, Germany.
5 Department of Anatomy, School of Medicine, Saarland University, Homburg 66421, Germany.
6 Department of Dermatology, Venereology and Allergology, University Hospital of Saarland, Homburg 66421, Germany.

† Corresponding author. E-mail: ivan.bogeski@uks.eu

* Present address: Department of Cell Physiology and Metabolism, University of Geneva, 1 Rue Michel-Servet, CH-1211 Geneva, Switzerland.

要約  食細胞では、病原体の認識に続き、Ca2+の動員および多量の活性酸素種(ROS)が急速に産生されるNADPHオキシダーゼ2(NOX2)媒介「酸化バースト」が生じる。本研究では、ORAI Ca2+チャネルがヒト初代単球におけるストア作動性Ca2+ 流入、ROS産生および細菌死滅を制御することを明らかにした。ROSはORAI3サブユニットが欠如したORAIチャネルを不活化する。ブドウ球菌に感染したマウスでは、肺または気管支肺胞洗浄液中のレドックス感受性Orai1をコードする遺伝子の発現が低下し、レドックス非感受性Orai3をコードする遺伝子の発現が亢進した。細菌ペプチドに曝露した培養ヒト初代単球でも同様のORAI1からORAI3への変換が認められた。ORAI1およびORAI3量の変化によってチャネル複合体の構成はレドックス非感受性側に移行した。したがって、ORAI3のサイレンシングにより、チャネルのレドックス感受性が増加し、NOX2の酸化性阻害が亢進した。本研究では、Ca2+‐レドックス相互作用のその他の特徴を予測する数学的モデルを作成した。本研究の結果から、ORAI-NOX2フィードバックループが単球免疫応答の決定因子であることが明らかになった。

Citation: S. Saul, C. S. Gibhardt, B. Schmidt, A. Lis, B. Pasieka, D. Conrad, P. Jung, R. Gaupp, B. Wonnenberg, E. Diler, H. Stanisz, T. Vogt, E. C. Schwarz, M. Bischoff, M. Herrmann, T. Tschernig, R. Kappl, H. Rieger, B. A. Niemeyer, I. Bogeski, A calcium-redox feedback loop controls human monocyte immune responses: The role of ORAI Ca2+ channels. Sci. Signal. 9, ra26 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年3月8日号

Editor's Choice

チャネル
パネキシン1:NMDAおよびアドレナリン受容体シグナル伝達のメディエーター

Editorial Guides

特集:免疫細胞におけるORAIの一部始終

Research Article

Orai1の細胞型特異的グリコシル化はストア作動性Ca2+流入を調節する

カルシウム‐レドックスフィードバックループがヒト単球の免疫応答を制御する:ORAI Ca2+チャネルの役割

接着分子PECAM-1はTGF-βによって媒介されるT細胞機能の阻害を増強する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される