• ホーム
  • Oraiのチャネルポア特性とSTIMによるゲーティング:Orai結晶構造が示唆するもの

Oraiのチャネルポア特性とSTIMによるゲーティング:Orai結晶構造が示唆するもの

Orai Channel Pore Properties and Gating by STIM: Implications from the Orai Crystal Structure

Perspectives

Sci. Signal., 19 March 2013
Vol. 6, Issue 267, p. pe9
[DOI: 10.1126/scisignal.2003971]

Brad S. Rothberg, Youjun Wang, and Donald L. Gill*

Department of Biochemistry, Temple University School of Medicine, 3400 North Broad Street, Philadelphia, PA 19140, USA.

* Corresponding author. E-mail: dgill@temple.edu

要約:Oraiチャネルは、大半の細胞種に認められる、独特で際立ったカルシウム(Ca2+)シグナルメディエーターである。Oraiタンパク質は構造的に特異であり、他のイオンチャネルとの配列相同性は低い。またこれは機能的にも独特で、Ca2+に著しく高い選択性をもち、短期的なCa2+の恒常性と、転写調節に重要な長期的Ca2+シグナルの両方を媒介している。細胞膜の中で働くOraiチャネルの調節は、イオンチャネルの中でもこれまで例を見ないものである。すなわちチャネルのゲーティングは、小胞体内の間質相互作用分子(stromal interaction molecule:STIM)タンパク質との精巧な膜間カップリングを介して生じている。STIMタンパク質は、小胞体内腔に蓄積されるCa2+のセンサーとして働き、小胞体のCa2+濃度が低下したときに小胞体と細胞膜の接合部に移動して、Oraiチャネルを繋ぎ止めて活性化する。結晶解析研究から、予想外であったOraiチャネルの六量体構造が明らかにされ、ポアの構築、その特異なカチオン選択性の構造的基盤、またSTIMタンパク質とのカップリングを通してどのようにチャネルのゲーティングが生じるのかについて、重要な知見が得られた。

B. S. Rothberg, Y. Wang, D. L. Gill, Orai Channel Pore Properties and Gating by STIM: Implications from the Orai Crystal Structure. Sci. Signal. 6, pe9 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年3月19日号

Editor's Choice

神経科学
心理戦

Research Article

STIM1はOrai1とCa2+流入に依存せずに内皮バリア機能を制御する

ビタミンEはホスファターゼPHLPP1によるAktキナーゼの不活性化を促進する

Perspectives

内皮細胞のストレスファイバーを刺激するSTIM

Oraiのチャネルポア特性とSTIMによるゲーティング:Orai結晶構造が示唆するもの

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する