• ホーム
  • 四肢発生においてはチューリングとウォルパートが共に働く

四肢発生においてはチューリングとウォルパートが共に働く

Turing and Wolpert Work Together During Limb Development

Perspectives

Sci. Signal., 9 April 2013
Vol. 6, Issue 270, p. pe14
[DOI: 10.1126/scisignal.2004038]

Takashi Miura*

Department of Anatomy and Cell Biology, Kyushu University Graduate School of Medical Sciences, 3-1-1 Maidashi Higashi-ku, Fukuoka 812-8582, Japan.

* Corresponding author. E-mail: miura_t@anat1.med.kyushu-u.ac.jp; telephone: +81-92-6426048; fax: +81-92-6426923

要約:四肢発生は発生生物学において広く研究されている。位置情報に基づく理論と自発的パターン形成に基づく理論の2種類の理論が、このプロセスを理解するために用いられている。しかし、歴史的な理由で、これら2つの概念は相互に排他的であると考えられている。これら2つの機構の相互作用を、定量的形態データを用いて検討することによって、新しい方向から、脊椎動物の四肢骨格パターンが確立される仕組みを実験的に立証することが可能である。

T. Miura, Turing and Wolpert Work Together During Limb Development. Sci. Signal. 6, pe14 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年4月9日号

Editor's Choice

サーチュイン
分泌におけるSIRT6の役割

Research Article

LEAFYは花芽原基形成過程においてオーキシン応答経路を制御する

Research Resources

遺伝学とリン酸化プロテオミクスによるシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)のアブシジン酸シグナル伝達経路におけるタンパク質リン酸化ネットワークの解明

Perspectives

四肢発生においてはチューリングとウォルパートが共に働く

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する