• ホーム
  • LEAFYは花芽原基形成過程においてオーキシン応答経路を制御する

LEAFYは花芽原基形成過程においてオーキシン応答経路を制御する

LEAFY Controls Auxin Response Pathways in Floral Primordium Formation

Research Article

Sci. Signal., 9 April 2013
Vol. 6, Issue 270, p. ra23
[DOI: 10.1126/scisignal.2003937]

Wuxing Li1, Yun Zhou1, Xing Liu2*, Peng Yu2, Jerry D. Cohen2, and Elliot M. Meyerowitz1,3†

1 Howard Hughes Medical Institute and Division of Biology, MC 156-29, California Institute of Technology, Pasadena, CA 91007, USA.
2 Department of Horticultural Science and Microbial and Plant Genomics Institute, University of Minnesota, Saint Paul, MN 55108, USA.
3 Sainsbury Laboratory, Cambridge University, Bateman Street, Cambridge CB2 1LR, UK.

* Present address: Division of Biology, MC 156-29, California Institute of Technology, Pasadena, CA 91007, USA.

† Corresponding author. E-mail: meyerow@caltech.edu

要約:転写因子LEAFYは花芽の形成開始および花の成長をつかさどるマスター制御因子であり、植物の発生において栄養成長相から生殖成長相への転換を媒介するスイッチの構成因子として働く。オーキシンは、茎頂における葉および花芽の新しい原基の誘導など、植物の成長において多くの異なる役割をもつ植物ホルモンである。われわれは、LEAFYが新しい原基において、LEAFYの機能の一部はオーキシン応答経路を制御することによって果たされていることを報告する。このことから、マスター転写制御因子による花芽形成の制御と形態形成のホルモンによる制御は相互作用する過程であると考えられる。われわれはホルモン認識が、植物を形作る転写シグナルを制御するだけでなく、逆にその転写シグナルによって制御されもするということを見いだした。

W. Li, Y. Zhou, X. Liu, P. Yu, J. D. Cohen, E. M. Meyerowitz, LEAFY Controls Auxin Response Pathways in Floral Primordium Formation. Sci. Signal. 6, ra23 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年4月9日号

Editor's Choice

サーチュイン
分泌におけるSIRT6の役割

Research Article

LEAFYは花芽原基形成過程においてオーキシン応答経路を制御する

Research Resources

遺伝学とリン酸化プロテオミクスによるシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)のアブシジン酸シグナル伝達経路におけるタンパク質リン酸化ネットワークの解明

Perspectives

四肢発生においてはチューリングとウォルパートが共に働く

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する