• ホーム
  • アセチル化、ユビキチン化及びヒストンコードによるエピジェネティックな遺伝におけるDNMT1量の制御

アセチル化、ユビキチン化及びヒストンコードによるエピジェネティックな遺伝におけるDNMT1量の制御

Control of DNMT1 Abundance in Epigenetic Inheritance by Acetylation, Ubiquitylation, and the Histone Code

Perspectives

Sci. Signal., 25 January 2011
Vol. 4, Issue 157, p. pe3
[DOI: 10.1126/scisignal.2001764]

Christian Bronner*

CNRS UMR 7213, Laboratoire de Biophotonique et Pharmacologie, Faculte de Pharmacie, 74 route du Rhin, B.P. 60024, 67401 Illkirch Cedex, France.

* E-mail, christian.bronner@unistra.fr

要約:DNAメチル化パターンの遺伝は、母細胞から娘細胞へのエピジェネティックな細胞記憶伝達に関わる主要な機構である。これは、高分子複合体におけるDNAメチルトランスフェラーゼDNMT1とユビキチンリガーゼUHRF1(ユビキチン様、植物ホメオドメイン及びRINGフィンガー1を含む)の協同作用によって生じる。この複合体メンバーとして、ユビキチン化依存的な過程を介してDNMT1量の厳密な調節を行なうアセチルトランスフェラーゼTip60(Tat相互作用タンパク質)と脱ユビキチン化酵素HAUSP(ヘルペスウイルス関連ユビキチン特異的プロテアーゼ)が新たに同定された。これらの作用因子のすべてがどのようにしてお互いに情報交換し合い、どのようなシグナルがそのような情報交換を連動させるのかを理解することが重要である。DNMT1の場合には、UHRF1とHAUSPの活性のバランスが、ヒストンコード、細胞周期の状態、および局所的なDNAメチル化状態などの局所環境によって影響を受けるのかもしれない。

C. Bronner, Control of DNMT1 Abundance in Epigenetic Inheritance by Acetylation, Ubiquitylation, and the Histone Code. Sci. Signal. 4, pe3 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年1月25日号

Editor's Choice

生化学
FKPB12によるRas輸送の調節

Research Article

脂肪細胞のRhoおよびRhoキナーゼ活性は、機械的伸張が関与する可能性のある肥満の悪循環に寄与する

低浸透圧条件下のラットバソプレッシンニューロンにおいて細胞体樹状突起からのAVP放出がV2受容体を介して果たす自己分泌機能

Perspectives

アセチル化、ユビキチン化及びヒストンコードによるエピジェネティックな遺伝におけるDNMT1量の制御

Meeting Reports

依存性受容体:基礎研究から薬剤開発まで

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する