• ホーム
  • 形質細胞の分化におけるpERKによる BLIMPアップ

形質細胞の分化におけるpERKによる BLIMPアップ

pERKing Up the BLIMP in Plasma Cell Differentiation

Perspectives

Sci. Signal., 19 April 2011
Vol. 4, Issue 169, p. pe21
[DOI: 10.1126/scisignal.2001987]

David M. Allman and Michael P. Cancro*

University of Pennsylvania School of Medicine, John Morgan Building, 3620 Hamilton Walk, Philadelphia, PA 19104, USA.

* Corresponding author. E-mail, cancro@mail.med.upenn.edu

要約:ナイーブB細胞の抗体分泌形質細胞への分化を誘導する細胞内経路については、まだあまりわかっていない。新たな研究によって、細胞外シグナル制御キナーゼ(ERK)の活性化が、形質細胞の分化にとって必要な転写リプレッサーであるBリンパ球誘導成熟タンパク質1(Blimp-1)の誘導に重要であることを示す驚くべき証拠が示された。結果として、ERK欠損B細胞は形質細胞を効果的には産生できなかった。これまでの研究では、ERKシグナル伝達は主に細胞分裂を誘導するように機能することが示されているのに対して、形質細胞は分裂しない最終分化細胞であると考えられていたので、これは予想外の結果である。本知見は、抗体媒介免疫の根底にある重要なシグナル伝達経路を明らかにするのみならず、ERKそしておそらくはその他のキナーゼが異なる生物学的状況下で果たすと考えられる多様な役割について重要な問題を提起するものである。

D. M. Allman, M. P. Cancro, pERKing Up the BLIMP in Plasma Cell Differentiation. Sci. Signal. 4, pe21 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年4月19日号

Editor's Choice

感覚知覚
痛覚と嗅覚に必要な1つのチャネル

Research Article

抑制性ITAMシグナル伝達は、ホスファターゼSHP-1を用いて活性化受容体を捕らえ、極性を有する「インヒビソーム(Inhibisome)」クラスターを形成する

ERKが転写リプレッサーBlimp-1の発現とその後の形質細胞の分化を誘導する

Perspectives

ITAMはどのようにしてシグナル伝達を抑制するのか

形質細胞の分化におけるpERKによる BLIMPアップ

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する