• ホーム
  • がん細胞はEph-エフリン系を利用して浸潤と転移を促進する:見知らぬ相棒の物語

がん細胞はEph-エフリン系を利用して浸潤と転移を促進する:見知らぬ相棒の物語

Cancer Cells Exploit the Eph-Ephrin System to Promote Invasion and Metastasis: Tales of Unwitting Partners

Perspectives

Sci. Signal., 31 May 2011
Vol. 4, Issue 175, p. pe28
[DOI: 10.1126/scisignal.2002153]

Bingcheng Wang*

Rammelkamp Center for Research and Department of Medicine, MetroHealth Campus; and Department of Pharmacology and Case Comprehensive Cancer Center, Case Western Reserve University School of Medicine, 2500 MetroHealth Drive, Cleveland, OH 44109, USA.

* Corresponding author. Telephone, +1-216-778-4256 begin_of_the_skype_highlighting
+1-216-778-4256 end_of_the_skype_highlighting; fax, +1-216-778-4321; e-mail, bxw14@case.edu

要約:受容体型チロシンキナーゼのEphサブファミリーとその膜結合型リガンドのエフリンは、接触型細胞間シグナル伝達を媒介し、細胞移動および組織パターン形成の幅広い調節因子である。腫瘍が進行する際にがん細胞がしばしば利用する。新たに得られた証拠によって、前立腺がん細胞が、EphA2とEphA4受容体およびエフリン-Aを利用して、移動運動のホモタイプな接触阻止を媒介する一方で、EphB3とEphB4受容体を介して間質細胞上のエフリン-B2を利用して、移動を促進することが示された。このような過程によって、がん細胞の原発腫瘤からの拡散が亢進し、間質を通るスムーズな移動と浸潤が促進される可能性がある。この結果は、正常組織内では腫瘍抑制因子としての役割が多く報告されているEph受容体ではあるが、がん原タンパク質へと転換されるという別の例があることを示している。

B. Wang, Cancer Cells Exploit the Eph-Ephrin System to Promote Invasion and Metastasis: Tales of Unwitting Partners. Sci. Signal4, pe28 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年5月31日号

Editor's Choice

発生生物学
女王にふさわしい食物

Research Article

複雑なシグナル伝達ネットワークを代表的カーネルに縮約する

免疫細胞におけるVav1のリン酸化の調節による活性化受容体シグナル伝達と抑制性受容体シグナル伝達の統合

Perspectives

がん細胞はEph-エフリン系を利用して浸潤と転移を促進する:見知らぬ相棒の物語

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する