• ホーム
  • 発生生物学女王にふさわしい食物

発生生物学
女王にふさわしい食物

Developmental Biology
Food Fit for a Queen

Editor's Choice

Sci. Signal., 31 May 2011
Vol. 4, Issue 175, p. ec151
[DOI: 10.1126/scisignal.4175ec151]

Nancy R. Gough

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

 

ロイヤルゼリーは、ミツバチの巣の働きバチによって産生されるタンパク質、糖質、脂質、およびミネラルを含有する食物で、新たな女王バチの発生を刺激する(Robinsonの解説参照)。鎌倉(Kamakura)は、ロイヤルゼリーの有効性が貯蔵後に失われることに着目して、女王バチの発生に伴う表現型の変化(発育期間の短縮、成体サイズの増大、卵巣サイズの増大)を促進する点においてロイヤルゼリーと同等の有効性を示すロイヤラクチン(royalactin)というタンパク質を単離した。ロイヤラクチンのこのような作用に関与する可能性のある経路について詳しく調べるために、Kamakuraは女王や働きバエをもたないキイロショウジョウバエにロイヤラクチンを餌として与え、ハエが体重と体長の増加、繁殖力の高まり、寿命の延長という女王バチにみられるすべての特徴を示すことを見出した。変異を有するハエ、あるいは様々なシグナル伝達経路を乱すようなRNA干渉(RNAi)トランスジーンを有するハエを用いて、Kamakuraはロイヤラクチンが脂肪体の上皮増殖因子受容体(EGFR)を介してシグナル伝達を行うことを特定した。体サイズに対する効果には、EGFRによって仲介され、PI3K-TOR-S6K(ホスファチジルイノシトール3キナーゼ-ラパマイシン標的-S6キナーゼ)を経由するシグナル伝達が必要であった。この経路はタンパク質合成を促進して増殖を仲介することで知られている。発育期間の短縮には、EGFRの下流にあるマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路の活性化が必要であり、これはステロイドホルモンの20-ヒドロキシエクジソンの産生の増加によって仲介された。EGFRシグナル伝達は、幼若ホルモンの産生、卵黄タンパク質をコードする遺伝子の転写、および繁殖力を促進した。しかし、このような作用はMAPK経路あるいはPI3K-TOR-S6K経路の阻害による影響を受けないことから、EGFRシグナル伝達にはこのような過程で機能する別経路の存在が示唆される。ロイヤラクチンが寿命延長をどのように促進しているのかも、未解決のままである。ショウジョウバエから得られたこの情報を味方につけて、Kamakuraはミツバチの研究に戻り、RNAiおよび選択的経路を阻害することによって、EGFRやショウジョウバエで同定された経路が、ロイヤラクチンに応答するミツバチの女王の発生に伴う体サイズの増大と発育期間の短縮に関与することを示した。

M. Kamakura, Royalactin induces queen differentiation in honeybees. Nature 473, 478-483 (2011). [PubMed]


G. E. Robinson, Royal aspirations. Nature 473, 454-455 (2011). [Online Journal]

N. R. Gough, Food Fit for a Queen. Sci. Signal. 4, ec151 (2011)

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年5月31日号

Editor's Choice

発生生物学
女王にふさわしい食物

Research Article

複雑なシグナル伝達ネットワークを代表的カーネルに縮約する

免疫細胞におけるVav1のリン酸化の調節による活性化受容体シグナル伝達と抑制性受容体シグナル伝達の統合

Perspectives

がん細胞はEph-エフリン系を利用して浸潤と転移を促進する:見知らぬ相棒の物語

最新のEditor's Choice記事

2020年8月25日号

増殖因子とSARS-CoV-2

2020年8月18日号

向社会性ニューロリジン

2020年8月11日号

PHD3なしで運動改善

2020年8月4日号

好中球の群れを調整する

2020年7月28日号

RSVの侵入の促進