• ホーム
  • アクチベーターとリプレッサーのバランスを超えて

アクチベーターとリプレッサーのバランスを超えて

Beyond the Balance of Activator and Repressor

Perspectives

Sci. Signal., 7 June 2011
Vol. 4, Issue 176, p. pe29
[DOI: 10.1126/scisignal.2002183]

Thomas Whitington1, Arttu Jolma1,2, and Jussi Taipale1,2*

1 Department of Biosciences and Nutrition, Karolinska Institutet, SE-141 83 Stockholm, Sweden.
2 Genome-Scale Biology Program, Institute of Biomedicine, University of Helsinki, Biomedicum, Post Office Box 63 (Haartmaninkatu 8), FI-00014 Helsinki, Finland.

* Corresponding author. E-mail, jussi.taipale@ki.se

 

要約:発生時の細胞分化は細胞外のモルフォゲンによる制御を受ける。応答細胞は受け取ったモルフォゲンの量に基づいて、異なる細胞運命への分化を誘導される。異なる細胞運命を特定する遺伝子はモルフォゲンに対して異なる応答を示し、細胞外のモルフォゲンの濃度勾配は応答細胞内で転写因子の活性の勾配へと変換される。ヘッジホッグ(Hh)の場合には、その勾配は、転写因子Cubitus interruptus(Ci)の転写アクチベーター型と転写リプレッサー型の相反する勾配へと変換される。この勾配のなかでのアクチベーターとリプレッサーの間のバランスが、標的遺伝子の応答を決定すると一般に考えられてきた。しかし、エンハンサーがCiのアクチベーター型とリプレッサー型に対して選択的に応答可能であること、そして、この選択性がエンハンサーのCi結合部位の親和性によって決定されることを示す新たな証拠がある。

T. Whitington, A. Jolma, J. Taipale, Beyond the Balance of Activator and Repressor. Sci. Signal. 4, pe29 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年6月7日号

Editor's Choice

がん生物学
代謝プログラムを変える

Research Article

低カリウム血症においてTWIK-1二孔ドメインカリウムチャネルがイオン選択性を変化させ、内向きリークナトリウム電流を誘導する

ヘッジホッグ勾配応答のcis調節性論理:Gli結合の親和性、競合性および協同性が重要な役割を果たす

抗原性と最大効果によって効率的なT細胞活性化の機構が明らかになる

Perspectives

アクチベーターとリプレッサーのバランスを超えて

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する