• ホーム
  • リジンのメチル化がVEGFR-2の活性化と血管新生を促進する

リジンのメチル化がVEGFR-2の活性化と血管新生を促進する

Lysine Methylation Promotes VEGFR-2 Activation and Angiogenesis

Research Article

Sci. Signal., 3 December 2013
Vol. 6, Issue 304, p. ra104
[DOI: 10.1126/scisignal.2004289]

Edward J. Hartsough1*, Rosana D. Meyer1*, Vipul Chitalia2, Yan Jiang3, Victor E. Marquez4, Irina V. Zhdanova5, Janice Weinberg6, Catherine E. Costello3, and Nader Rahimi1†

1 Departments of Pathology and Ophthalmology, School of Medicine, Boston University Medical Campus, Boston, MA 02118, USA.
2 Harvard-MIT Division of Health Science and Technology, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02139, USA.
3 Department of Biochemistry and Center for Biomedical Mass Spectrometry, School of Medicine, Boston University Medical Campus, Boston, MA 02118, USA.
4 Chemical Biology Laboratory, National Cancer Institute at Frederick, Frederick, MD 21702, USA.
5 Department of Anatomy and Neurobiology, Boston University Medical Campus, Boston, MA 02118, USA.
6 School of Public Health, Boston University Medical Campus, Boston, MA 02118, USA.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: nrahimi@bu.edu

要約:内皮細胞の受容体チロシンキナーゼである血管内皮増殖因子受容体2(VEGFR-2)の活性化は、腫瘍の血管新生と眼血管新生を促進する。われわれは、キナーゼドメインの活性化ループ近位の残基であるLys1041を含め、複数のLys残基とArg残基におけるVEGFR-2のメチル化を報告する。VEGFR-2のメチル化はリガンド結合に非依存的であり、リガンド刺激によって制御されなかった。Lys1041のメチル化は、リガンドに応答したチロシンリン酸化とキナーゼ活性を増強した。さらに、VEGFR-2のメチル化を薬理学的阻害または部位特異的変異導入法により阻害した結果、VEGFR-2を介したゼブラフィッシュの血管新生とマウスの腫瘍増殖には、Lys1041のメチル化が必要であることが明らかとなった。Lys1041のメチル化はVEGFR-2の活性化を促進し、したがって同様の翻訳後修飾がその他の受容体チロシンキナーゼの活性を調節している可能性もあると考える。

E. J. Hartsough, R. D. Meyer, V. Chitalia, Y. Jiang, V. E. Marquez, I. V. Zhdanova, J. Weinberg, C. E. Costello, N. Rahimi, Lysine Methylation Promotes VEGFR-2 Activation and Angiogenesis. Sci. Signal. 6, ra104 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年12月3日号

Editor's Choice

薬理学
マリファナによる高揚を消す

Research Article

HES1はグルココルチコイド受容体依存性遺伝子発現のマスター制御因子である

リジンのメチル化がVEGFR-2の活性化と血管新生を促進する

正常Krasと発がん性Krasを有する造血細胞においてPLC-γとPI3KがサイトカインをERK活性化に関連づける

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する