• ホーム
  • KCNQ1、KCNE2、およびNa+共役型溶質輸送体は相互に調節し合う複合体を形成して神経細胞の興奮性に影響する

KCNQ1、KCNE2、およびNa+共役型溶質輸送体は相互に調節し合う複合体を形成して神経細胞の興奮性に影響する

KCNQ1, KCNE2, and Na+-Coupled Solute Transporters Form Reciprocally Regulating Complexes That Affect Neuronal Excitability

Research Article

Sci. Signal., 4 March 2014
Vol. 7, Issue 315, p. ra22
[DOI: 10.1126/scisignal.2005025]

Present address: Department of Psychology, Vassar College, Poughkeepsie, NY 12604, USA. 

Geoffrey W. Abbott1,2*, Kwok-Keung Tai1, Daniel L. Neverisky1, Alex Hansler3, Zhaoyang Hu1, Torsten K. Roepke4†, Daniel J. Lerner4‡, Qiuying Chen3, Li Liu5, Bojana Zupan, Miklos Toth3, Robin Haynes6, Xiaoping Huang7, Didem Demirbas7, Roberto Buccafusca7, Steven S. Gross3, Vikram A. Kanda3||, and Gerard T. Berry7||

1 Bioelectricity Laboratory, Department of Pharmacology, School of Medicine, University of California, Irvine, Irvine, CA 92697, USA.
2 Department of Physiology and Biophysics, School of Medicine, University of California, Irvine, Irvine, CA 92697, USA.
3 Department of Pharmacology, Weill Medical College, Cornell University, New York, NY 10021, USA.
4 Department of Medicine, Weill Medical College, Cornell University, New York, NY 10021, USA.
5 Department of Pathology, Taub Institute for Research on Alzheimer’s Disease, Columbia University, New York, NY 10032, USA.
6 Department of Pathology, The Manton Center for Orphan Disease Research, Division of Genetics and Genomics, Boston Children’s Hospital, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.
7 Department of Medicine, The Manton Center for Orphan Disease Research, Division of Genetics and Genomics, Boston Children’s Hospital, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.

† Present address: Clinic for Cardiology and Angiology, Charite University-Medicine Berlin, Campus Mitte, 10117 Berlin, Germany; Experimental and Clinical Research Center, Max Delbrueck Center for Molecular Medicine, 13125 Berlin, Germany.

‡ Present address: TYRX Inc., Monmouth Junction, NJ 08852, USA.

§ Present address: Department of Psychology, Vassar College, Poughkeepsie, NY 12604, USA.

|| These authors contributed equally to this work.

* Corresponding author. E-mail: abbottg@uci.edu

要約:Na+共役型溶質輸送体は、重要な浸透圧調節物質であり多様な細胞シグナル伝達分子の前駆体でもあるmyo-イノシトールなどの栄養素や代謝前駆体の取り込みに不可欠である。われわれは、溶質輸送体のいくつかとカリウムチャネルのサブユニットが複合体を形成して相互に調節し合うことを、in vitroおよびin vivoで示した。網羅的な代謝産物プロファイリングでは、K+チャネルのβサブユニットであるKCNE2の欠損型マウスにおいて、脳脊髄液中のmyo-イノシトール濃度は低下しているが血清中の濃度は低下していないことが示された。Kcne2–/–型マウスにみられたストレスに対する行動学的応答性と発作感受性の増大は、myo-イノシトールを注射することによって軽減された。われわれはmyo-イノシトール輸送の欠損を疑い、脈絡叢上皮において、KCNE2と電位依存性カリウムチャネルのαサブユニットであるKCNQ1が、Na+共役型myo-イノシトール輸送体であるSMIT1と共局在し、共免疫沈降することを見出した。異種共発現では、SMIT1によるmyo-イノシトール輸送はKCNQ1の共発現によって亢進されるが、KCNQ1とKCNE2の両方を共発現させると恒常的に活性なヘテロマーのK+チャネルが形成され、myo-イノシトール輸送は抑制されることが示された。SMIT1とその関連輸送体であるSMIT2も、恒常活性型のKCNQ1変異体によって抑制された。KCNQ1およびKCNQ1-KCNE2の活性は、SMIT1およびグルコース輸送体SGLT1によって亢進されたが、SMIT2によって抑制された。チャネル・輸送体のシグナル伝達複合体は、溶質輸送と電気化学的なクロストークを促進するための普遍的な機構なのかもしれない。

G. W. Abbott, K.-K. Tai, D. L. Neverisky, A. Hansler, Z. Hu, T. K. Roepke, D. J. Lerner, Q. Chen, L. Liu, B. Zupan, M. Toth, R. Haynes, X. Huang, D. Demirbas, R. Buccafusca, S. S. Gross, V. A. Kanda, G. T. Berry, KCNQ1, KCNE2, and Na+-Coupled Solute Transporters Form Reciprocally Regulating Complexes That Affect Neuronal Excitability. Sci. Signal. 7, ra22 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年3月4日号

Editor's Choice

がん
NF-κBの融合による脳腫瘍

Research Article

KCNQ1、KCNE2、およびNa+共役型溶質輸送体は相互に調節し合う複合体を形成して神経細胞の興奮性に影響する

Research Resources

mMAPS:個々のシグナル伝達複合体におけるタンパク質-タンパク質相互作用を分析するためのフロー–プロテオメトリー技術

Perspectives

構造的シグナル伝達の1年:mTORは選りすぐりのPIKK?

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する