• ホーム
  • ストア作動性カルシウム流入は休止しているニューロンにおいて転写因子Sp4の分解を促進する

ストア作動性カルシウム流入は休止しているニューロンにおいて転写因子Sp4の分解を促進する

Store-Operated Calcium Entry Promotes the Degradation of the Transcription Factor Sp4 in Resting Neurons

Research Article

Sci. Signal., 3 June 2014
Vol. 7, Issue 328, p. ra51
[DOI: 10.1126/scisignal.2005242]

Jasmin Lalonde1*†, Gregory Saia1,2, and Grace Gill1†

1 Department of Developmental, Molecular & Chemical Biology, Tufts University School of Medicine, 136 Harrison Avenue, Boston, MA 02111, USA.
2 Cell, Molecular & Developmental Biology Program, Sackler School of Graduate Biomedical Sciences, Tufts University School of Medicine, Boston, MA 02111, USA.

* Present address: Center for Human Genetic Research, Massachusetts General Hospital, Richard B. Simches Research Center, 185 Cambridge Street, Boston, MA 02114, USA.

† Corresponding author. E-mail: lalonde@chgr.mgh.harvard.edu (J.L.); grace.gill@tufts.edu (G.G.)

要約:膜の脱分極に応答して活性化されたカルシウム(Ca2+)シグナル伝達は、ニューロンの成熟、接続性、および可塑性を制御する。ストア作動性Ca2+流入(SOCE)は、小胞体(ER)からのCa2+欠乏に応答して生じ、このCa2+ストアの補充を媒介し、非興奮性細胞におけるCa2+シグナル伝達を支える。われわれは、休止条件下で培養した小脳顆粒ニューロンにおいてSOCEの最大の活性化が生じたこと、このCa2+流入により、ニューロンの形態形成および機能の制御因子である転写因子Sp4の分解が促進されたことを報告する。ニューロンの興奮性を低下させる条件である、細胞外カリウム濃度の低下により、細胞内Ca2+ストアの欠乏が刺激され、その結果、ERのCa2+センサーSTIM1が、ERと細胞膜の接点における多量体化および蓄積と一致して、点状のクラスターに移行し、SOCEの特徴を持つCa2+流入が誘導された。SOCEを遮断する化合物は、細胞外カリウムの低濃度に曝露されたニューロンにおいてSp4のユビキチン化と分解を抑制した。STIM1のノックダウンがSp4の分解を遮断したのに対し、恒常的に活性化されたSTIM1の発現は、脱分極条件下のSp4存在量を低下させた。われわれの結果から、ニューロンでは、SOCEは過分極により誘導されることが示され、このCa2+流入経路はニューロンの遺伝子発現を制御する明瞭な機構であることが示唆された。

J. Lalonde, G. Saia, G. Gill, Store-Operated Calcium Entry Promotes the Degradation of the Transcription Factor Sp4 in Resting Neurons. Sci. Signal. 7, ra51 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年6月3日号

Editor's Choice

神経科学
痛覚(受容体)が少ないほど長生きする

Research Article

ストア作動性カルシウム流入は休止しているニューロンにおいて転写因子Sp4の分解を促進する

MLK3は活性酸素種への異なる細胞応答を制御するフィードバック機構の一部である

ABA受容体PYL8はオーキシン応答遺伝子のMYB77依存性転写の亢進により側根の成長を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する