• ホーム
  • MLK3は活性酸素種への異なる細胞応答を制御するフィードバック機構の一部である

MLK3は活性酸素種への異なる細胞応答を制御するフィードバック機構の一部である

MLK3 Is Part of a Feedback Mechanism That Regulates Different Cellular Responses to Reactive Oxygen Species

Research Article

Sci. Signal., 3 June 2014
Vol. 7, Issue 328, p. ra52
[DOI: 10.1126/scisignal.2005260]

Ho-Sung Lee1,2*, Chae Young Hwang1,3*, Sung-Young Shin1, Ki-Sun Kwon3†, and Kwang-Hyun Cho1,2†

1 Laboratory for Systems Biology and Bio-Inspired Engineering, Department of Bio and Brain Engineering, Korea Advanced Institute of Science and Technology, Daejeon 305-701, Republic of Korea.
2 Graduate School of Medical Science and Engineering, Korea Advanced Institute of Science and Technology, Daejeon 305-701, Republic of Korea.
3 Laboratory of Cell Signaling, Aging Research Center, Korea Research Institute of Bioscience and Biotechnology, Daejeon 305-806, Republic of Korea.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: ckh@kaist.ac.kr (K.-H.C.); kwonks@kribb.re.kr (K.-S.K.)

要約:活性酸素種(ROS)は増殖やアポトーシスなど様々な細胞過程に影響を及ぼす。内因性および外因性のROSは両方とも、細胞外シグナル制御キナーゼ(ERK)あるいはc-Jun N末端キナーゼ(JNK)を含む経路などのマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路を介してシグナル伝達を活性化する。低濃度のROSは一般に増殖を刺激するのに対し、高濃度のROSは細胞死を導く。われわれは、低濃度ROSがERKのリン酸化の活性化を誘導し、高濃度ROSがJNKのリン酸化の活性化を誘導することを見いだした。混合系統キナーゼ3(Mixed lineage kinase 3:MLK3、MAP3K11としても知られる)は、JNKを直接リン酸化し、ERKの活性化を制御しうる。MAPKネットワークの数理モデルは、ROSによるERKおよびJNKの相対的リン酸化状態を決定するMLK3を含む正のフィードバックループを明らかにした。MLK3の阻害剤に晒された細胞あるいはMLK3をノックダウンした細胞では、ERKの活性化が増加し、JNKの活性化が減少しており、高濃度ROSに晒された場合の細胞死に抵抗性がみられた。このように、これらのデータは、MLK3が異なる濃度のROSへの細胞応答を制御するキナーゼネットワークを制御する重要な因子であることを示した。

H.-S. Lee, C. Y. Hwang, S.-Y. Shin, K.-S. Kwon, K.-H. Cho, MLK3 Is Part of a Feedback Mechanism That Regulates Different Cellular Responses to Reactive Oxygen Species. Sci. Signal. 7, ra52 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年6月3日号

Editor's Choice

神経科学
痛覚(受容体)が少ないほど長生きする

Research Article

ストア作動性カルシウム流入は休止しているニューロンにおいて転写因子Sp4の分解を促進する

MLK3は活性酸素種への異なる細胞応答を制御するフィードバック機構の一部である

ABA受容体PYL8はオーキシン応答遺伝子のMYB77依存性転写の亢進により側根の成長を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する