• ホーム
  • FAK-Cas-Rac-ラメリポディンのシグナル伝達モジュールは細胞外マトリックス剛性を機械刺激感受性の細胞周期回転に変換する

FAK-Cas-Rac-ラメリポディンのシグナル伝達モジュールは細胞外マトリックス剛性を機械刺激感受性の細胞周期回転に変換する

A FAK-Cas-Rac-Lamellipodin Signaling Module Transduces Extracellular Matrix Stiffness into Mechanosensitive Cell Cycling

Research Article

Sci. Signal., 17 June 2014
Vol. 7, Issue 330, p. ra57
[DOI: 10.1126/scisignal.2004838]

Yong Ho Bae1*, Keeley L. Mui1, Bernadette Y. Hsu1, Shu-Lin Liu1, Alexandra Cretu1, Ziba Razinia1, Tina Xu1, Ellen Puré2, and Richard K. Assoian1*

1 Department of Pharmacology, Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA 19104, USA.
2 Department of Animal Biology, School of Veterinary Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA 19104, USA.

* Corresponding author. E-mail: yob@mail.med.upenn.edu (Y.H.B.); assoian@mail.med.upenn.edu (R.K.A.)

組織および細胞外マトリックス(ECM)の剛性は、細胞内部の剛性、シグナル伝達および細胞挙動の変化へと変換される。インテグリンおよびそれに関連する接着斑タンパク質の数種は、ECM剛性の感知に関与していることが知られている。われわれは、初期の感知イベントがどのようにして、細胞内の剛性および生物学的に解釈可能なシグナルに変換されるのかを検討した。われわれは、接着斑キナーゼ(FAK)、アダプタータンパク質p130Cas(Cas)、およびグアノシントリホスファターゼRacから構成される経路が、ECMの剛性を安定した細胞内部の剛性へと選択的に変換し、細胞周期タンパク質であるサイクリンD1の存在量を増加させ、S期開始を促進することを見いだした。Rac依存性の細胞内部の硬化には、その結合パートナーであるラメリポディン(細胞遊走の間にRacシグナルを細胞骨格に伝達するタンパク質)が関わっていた。われわれの所見から、FAK-Cas-Rac-ラメリポディンのシグナル伝達モジュールによる機械的シグナル伝達機構が、ECMの剛性によってコードされる細胞外情報を、安定した細胞内部の剛性および機械刺激感受性の細胞周期に変換していることが立証された。このように、ラメリポディンは細胞遊走の制御のみではなく、機械的シグナルに応じた細胞周期の調節にも重要である。

Y. H. Bae, K. L. Mui, B. Y. Hsu, S.-L. Liu, A. Cretu, Z. Razinia, T. Xu, E. Puré, R. K. Assoian, A FAK-Cas-Rac-Lamellipodin Signaling Module Transduces Extracellular Matrix Stiffness into Mechanosensitive Cell Cycling. Sci. Signal. 7, ra57 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年6月17日号

Editor's Choice

がん
MAPKのメチル化はRASシグナル伝達を増強する

Research Article

FAK-Cas-Rac-ラメリポディンのシグナル伝達モジュールは細胞外マトリックス剛性を機械刺激感受性の細胞周期回転に変換する

キナーゼLMTK3はGRB2を介するインテグリンβ1の誘導によって乳がんの浸潤を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する