• ホーム
  • キナーゼLMTK3はGRB2を介するインテグリンβ1の誘導によって乳がんの浸潤を促進する

キナーゼLMTK3はGRB2を介するインテグリンβ1の誘導によって乳がんの浸潤を促進する

The Kinase LMTK3 Promotes Invasion in Breast Cancer Through GRB2-Mediated Induction of Integrin β1

Research Article

Sci. Signal., 17 June 2014
Vol. 7, Issue 330, p. ra58
[DOI: 10.1126/scisignal.2005170]

Yichen Xu1, Hua Zhang1, Lei C. Lit1,2, Arnhild Grothey1, Maria Athanasiadou1,3, Marianna Kiritsi1, Ylenia Lombardo1, Adam E. Frampton1, Andrew R. Green4, Ian O. Ellis4, Simak Ali1, Heinz-Josef Lenz5, Maya Thanou3, Justin Stebbing1*, and Georgios Giamas1*†

1 Department of Surgery and Cancer, Division of Cancer, Imperial College London, Hammersmith Hospital Campus, Du Cane Road, London W12 ONN, UK.
2 Department of Physiology, University of Malaya, 50603 Kuala Lumpur, Malaysia.
3 Institute of Pharmaceutical Science, Kings College London, Britannia House, 7 Trinity Street, London SE1 1DB, UK.
4 Division of Cancer and Stem Cells, School of Medicine, University of Nottingham and Nottingham University Hospital NHS Trust, Hucknall Road, Nottingham NG5 1PB, UK.
5 Division of Medical Oncology, University of Southern California, Norris Comprehensive Cancer Center, Keck School of Medicine, Los Angeles, CA 90033, USA.

* These authors share last authorship.

† Corresponding author: E mail: g.giamas@imperial.ac.uk

要約:Lemur tyrosine kinase 3(LMTK3)は、乳がんの細胞増殖と内分泌抵抗性に関連する。われわれは、培養乳がん細胞株において、LMTK3が、インテグリンサブユニットをコードする遺伝子の発現を誘導することによって、転移性表現型の発現を促進することを見出した。種々の乳がん細胞株の浸潤行動に、LMTK3存在量との正の相関が認められた。内因性LMTK3存在量が少ない乳がん細胞株において、LMTK3を過剰発現させると、培養下でのアクチン細胞骨格リモデリング、接着斑形成、コラーゲンおよびフィブロネクチンへの接着が促進された。われわれは、SILAC(細胞培養におけるアミノ酸を用いた安定同位体標識法)プロテオーム解析を用いて、LMTK3が、ITGA5およびITGB1によってコードされるインテグリンサブユニットα5およびβ1の存在量を増加させることを見出した。この作用は、RhoファミリーグアノシントリホスファターゼであるCDC42に依存し、このCDC42は、LMTK3と増殖因子受容体結合タンパク質2(GRB2)の相互作用によって活性化された。GRB2は、受容体チロシンキナーゼ誘導性のRASおよび下流シグナル伝達の活性化を仲介する、アダプタータンパク質である。GRB2をノックダウンすると、LMTK3誘導性のCDC42活性化が抑制され、転写因子血清応答因子(SRF)によって促進されるITGA5およびITGB1発現が阻害され、浸潤活性が低下した。さらに、乳がん患者の腫瘍において、LMTK3存在量とインテグリンβ1サブユニット存在量のあいだに正の相関が認められた。われわれの結果から、LMTK3が、乳がんの進行および転移におけるインテグリン活性の促進に関与することが示唆される。

Y. Xu, H. Zhang, L. C. Lit, A. Grothey, M. Athanasiadou, M. Kiritsi, Y. Lombardo, A. E. Frampton, A. R. Green, I. O. Ellis, S. Ali, H.-J. Lenz, M. Thanou, J. Stebbing, G. Giamas, The Kinase LMTK3 Promotes Invasion in Breast Cancer Through GRB2-Mediated Induction of Integrin β1. Sci. Signal. 7, ra58 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年6月17日号

Editor's Choice

がん
MAPKのメチル化はRASシグナル伝達を増強する

Research Article

FAK-Cas-Rac-ラメリポディンのシグナル伝達モジュールは細胞外マトリックス剛性を機械刺激感受性の細胞周期回転に変換する

キナーゼLMTK3はGRB2を介するインテグリンβ1の誘導によって乳がんの浸潤を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する