• ホーム
  • PI3KβとPI3Kγの同時阻害はα-MSH依存性交感神経ドライブの増強により脂肪量を減少させる

PI3KβとPI3Kγの同時阻害はα-MSH依存性交感神経ドライブの増強により脂肪量を減少させる

Combined inhibition of PI3Kβ and PI3Kγ reduces fat mass by enhancing α-MSH–dependent sympathetic drive

Research Article

Sci. Signal., 18 November 2014
Vol. 7, Issue 352, p. ra110
DOI: 10.1126/scisignal.2005485

Alessia Perino1,*,†‡, Martina Beretta1,2,†, Ana Kilić3, Alessandra Ghigo1, Daniela Carnevale4,5, Ivan Enrico Repetto6, Laura Braccini1, Dario Longo1, Michaela Liebig-Gonglach3, Tania Zaglia7, Roberta Iacobucci5, Marco Mongillo8, Reinhard Wetzker9, Michael Bauer2, Silvio Aime1, Alessandro Vercelli6, Giuseppe Lembo4,5, Alexander Pfeifer3,‡, and Emilio Hirsch1,‡

1 Molecular Biotechnology Center, Department of Molecular Biotechnology and Health Sciences, University of Turin, 10126 Turin, Italy.
2 Department of Anesthesiology and Intensive Care Medicine, Jena University Hospital, D-07747 Jena, Germany.
3 Institute of Pharmacology and Toxicology, University of Bonn, 53127 Bonn, Germany.
4 Department of Molecular Medicine, “Sapienza” University of Rome, 00161 Rome, Italy.
5 Department of Angiocardioneurology and Translational Medicine, Istituto di Ricovero e Cura a Carattere Scientifico (IRCCS) Neuromed, 86077 Pozzilli (IS), Italy.
6 Neuroscience Institute Cavalieri Ottolenghi, Department of Neuroscience, University of Turin, 10043 Turin, Italy.
7 Venetian Institute of Molecular Medicine, University of Padova, 35129 Padova, Italy.
8 Department of Biomedical Sciences and Venetian Institute of Molecular Medicine, University of Padova, 35121 Padova, Italy.
9 Department of Molecular Cell Biology, Jena University Hospital, Friedrich Schiller University, 07745 Jena, Germany.

‡ Corresponding author. E-mail: alessia.perino@epfl.ch (A.P.); alexander.pfeifer@uni-bonn.de (A.P.); emilio.hirsch@unito.it (E.H.)

* Present address: Metabolic Signaling, Institute of Bioengineering, School of Life Sciences, Ecole Polytechnique Fédérale de Lausanne, Lausanne, Switzerland.

† These authors contributed equally to this work.

要約 肥満は、白色脂肪組織の異常な増加と定義され、世界的に大きな医療への負担となっている。脳からのシグナルは、食欲だけでなくエネルギー消費も制御し、これらはいずれも体重に関与する。われわれは、マウスにおいて、2つのホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3Kβ、PI3Kγ)を遺伝学的または薬理学的に阻害すると、エネルギー消費の増加が促進されることによって、脂肪量が減少することを示した。この効果は、脂肪分解の刺激と、白色脂肪細胞が褐色脂肪細胞のエネルギー燃焼特性を獲得する、「褐色化」と呼ばれる過程を伴った。白色脂肪細胞の褐色化には、交感神経系からのノルエピネフリン放出の増加が関与した。われわれは、PI3KβとPI3Kγがともに、末梢での食欲とエネルギー消費を制御する、中枢神経系のメラノコルチン4受容体の下流で、負のフィードバックループを促進することを見出した。薬剤による交感除神経術を行ったマウスの解析から、これらのキナーゼは、脳内の交感神経ドライブを制御することが示唆された。PI3KβとPI3Kγ両方の阻害剤をマウスの脳室内に投与すると、10日という速さで脂肪量の10%減少が誘導された。これらの結果から、PI3KβとPI3Kγの同時阻害が、肥満治療として有望である可能性が示唆される。

A. Perino, M. Beretta, A. Kili?, A. Ghigo, D. Carnevale, I. E. Repetto, L. Braccini, D. Longo, M. Liebig-Gonglach, T. Zaglia, R. Iacobucci, M. Mongillo, R. Wetzker, M. Bauer, S. Aime, A. Vercelli, G. Lembo, A. Pfeifer, and E. Hirsch, Combined inhibition of PI3Kβ and PI3Kγ reduces fat mass by enhancing α-MSH–dependent sympathetic drive. Sci. Signal. 7, ra110 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年11月18日号

Editor's Choice

がん
出先でのエキソソーム内のプロセシング

Research Article

二孔チャネルから得られた電位開口型Ca2+チャネルとNa+チャネルの進化に関する洞察

PI3KβとPI3Kγの同時阻害はα-MSH依存性交感神経ドライブの増強により脂肪量を減少させる

T細胞急性リンパ芽球性白血病における一連の腫瘍抑制因子マイクロRNAの特徴付け

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する