• ホーム
  • 二孔チャネルから得られた電位開口型Ca2+チャネルとNa+チャネルの進化に関する洞察

二孔チャネルから得られた電位開口型Ca2+チャネルとNa+チャネルの進化に関する洞察

Two-pore channels provide insight into the evolution of voltage-gated Ca2+ and Na+ channels

Research Article

Sci. Signal., 18 November 2014
Vol. 7, Issue 352, p. ra109
DOI: 10.1126/scisignal.2005450

Taufiq Rahman1,*, Xinjiang Cai2, G. Cristina Brailoiu3, Mary E. Abood4, Eugen Brailoiu5, and Sandip Patel2,*

1 Department of Pharmacology, Cambridge University, Cambridge CB2 1PD, UK.
2 Department of Cell Developmental Biology, University College London, London WC1E 6BT, UK.
3 Department of Pharmaceutical Sciences, Thomas Jefferson University School of Pharmacy, Philadelphia, PA 19107, USA.
4 Department of Anatomy and Cell Biology and Center for Substance Abuse Research, Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.
5 Department of Pharmacology and Center for Substance Abuse Research, Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.

*Corresponding author. E-mail: mtur2@cam.ac.uk (T.R.); patel.s@ucl.ac.uk (S.P.)

要約 4つのドメインからなる電位開口型Ca2+チャネルとNa+チャネル(CaV、NaV)は、神経系の機能を支えており、2つのドメインからなる原始前駆体の遺伝子内重複によって登場した可能性がある。この進化的変遷の中間体にあたるのが二孔チャネル(two-pore channel:TPC)であるかどうかを調べるために、われわれは相同性モデルTPC1を用いて分子ドッキングシミュレーションを行った。すると、細孔領域でCaVまたはNaVの拮抗物質と結合しうることが示唆された。TPC1を過剰発現するウニ卵標本および無傷細胞で、CaVまたはNaVの拮抗物質がニコチン酸アデニンジヌクオチドリン酸(NAADP)に誘発されるCa2+シグナルを遮断した。このモデルの配列解析と観察から、われわれは、動物性TPCの非標準の選択性フィルターに保存されているアスパラギン残基のカルボニル基が陽イオンを配位させる配置になっているものと予測した。対照的に、いくつかの単細胞種にみられるTPCの個々の分岐群(TPC-related:TPCR)のイオン選択性フィルターには、CaVにもっと類似した酸性残基が存在した。TPCRはCaVの拮抗物質と強く相互作用するものと予測された。われわれのデータからは、薬理学的プロファイルの「青写真」の獲得と4つのドメインからなる電位開口型イオンチャネル内のイオン選択性の変化のほうが、2つのドメインからなる古代の祖先における遺伝子内重複よりも先に起こっていたかもしれないことが示唆されている。

T. Rahman, X. Cai, G. C. Brailoiu, M. E. Abood, E. Brailoiu, and S. Patel, Two-pore channels provide insight into the evolution of voltage-gated Ca2+ and Na+ channels. Sci. Signal. 7, ra109 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年11月18日号

Editor's Choice

がん
出先でのエキソソーム内のプロセシング

Research Article

二孔チャネルから得られた電位開口型Ca2+チャネルとNa+チャネルの進化に関する洞察

PI3KβとPI3Kγの同時阻害はα-MSH依存性交感神経ドライブの増強により脂肪量を減少させる

T細胞急性リンパ芽球性白血病における一連の腫瘍抑制因子マイクロRNAの特徴付け

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する