• ホーム
  • プロテインキナーゼGにより調節されるH2S産生が酸素の感知を支配する

プロテインキナーゼGにより調節されるH2S産生が酸素の感知を支配する

Protein kinase G–regulated production of H2S governs oxygen sensing

Research Article

Sci. Signal., 21 April 2015
Vol. 8, Issue 373, p. ra37
DOI: 10.1126/scisignal.2005846

Guoxiang Yuan1,*, Chirag Vasavda1,*, Ying-Jie Peng1,*, Vladislav V. Makarenko1, Gayatri Raghuraman1, Jayasri Nanduri1, Moataz M. Gadalla2,3, Gregg L. Semenza4,5, Ganesh K. Kumar1, Solomon H. Snyder2,3,6, and Nanduri R. Prabhakar1,†

1 Institute for Integrative Physiology and Center for Systems Biology for O2 Sensing, Biological Sciences Division, University of Chicago, Chicago, IL 60637, USA.
2 Department of Neuroscience, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
3 Department of Pharmacology and Molecular Sciences, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
4 Institute for Cell Engineering, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
5 Departments of Pediatrics, Medicine, Oncology, Radiation Oncology, and Biological Chemistry; and McKusick-Nathans Institute of Genetic Medicine, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
6 Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.

† Corresponding author. E-mail: nanduri@uchicago.edu

* These authors contributed equally to this work.

要約  主要なO2感知器官である頚動脈小体から始まる反射は、低酸素状態での心呼吸系の恒常性維持に重要である。頚動脈小体によるO2感知には、ヘムオキシゲナーゼ-2(HO-2)による一酸化炭素(CO)の産生、ならびにシスタチオニンγ-リアーゼ(CSE)による硫化水素(H2S)の合成が必要である。われわれは、O2がCOの産生を刺激したが、H2Sの産生は刺激せず、さらにHO-2のヘム調節モチーフ中の2つのシステイン残基(Cys265およびCys282)を必要とすることを報告した。COは、プロテインキナーゼG(PKG)‐依存性にCSEのSer377リン酸化を刺激し、H2Sの産生を阻害した。低酸素状態はCO産生を減少させることでCSEの阻害を低下させ、それによりH2Sを増加させ、これが頚動脈小体の神経活動を刺激した。HO-2欠損マウスの頚動脈小体では、nNOS(神経型一酸化窒素合成酵素)存在量の代償性の増加が、一酸化窒素によるPKG依存性のH2S調節を介して、O2の感知を媒介していた。これらの結果は、3種類の気体が頚動脈小体内でどのように協調して働き、呼吸を調節しているかという機構を示している。

G. Yuan, C. Vasavda, Y.-J. Peng, V. V. Makarenko, G. Raghuraman, J. Nanduri, M. M. Gadalla, G. L. Semenza, G. K. Kumar, S. H. Snyder, and N. R. Prabhakar, Protein kinase G–regulated production of H2S governs oxygen sensing. Sci. Signal. 8, ra37 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年4月21日号

Editor's Choice

生化学
非酵素的なリジンリン酸化

Research Article

BRAF誘導性腫瘍形成はIKKαに依存するがNF-κBには依存しない

心筋細胞のPKCδ、PKCε両遺伝子欠失により、発生性および応答性心臓増殖抑制におけるそれらの中心的役割が明らかに

プロテインキナーゼGにより調節されるH2S産生が酸素の感知を支配する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する