• ホーム
  • トレハロースは溶質輸送体2A(SLC2A)タンパク質の阻害によりオートファジーを誘導し脂肪肝を防ぐ

トレハロースは溶質輸送体2A(SLC2A)タンパク質の阻害によりオートファジーを誘導し脂肪肝を防ぐ

Trehalose inhibits solute carrier 2A (SLC2A) proteins to induce autophagy and prevent hepatic steatosis

Research Article

Sci. Signal. 23 Feb 2016:
Vol. 9, Issue 416, pp. ra21
DOI: 10.1126/scisignal.aac5472

Brian J. DeBosch1,*, Monique R. Heitmeier1, Allyson L. Mayer1, Cassandra B. Higgins1, Jan R. Crowley2, Thomas E. Kraft1, Maggie Chi3, Elizabeth P. Newberry2, Zhouji Chen2, Brian N. Finck2, Nicholas O. Davidson2, Kevin E. Yarasheski2, Paul W. Hruz1, and Kelle H. Moley3

1 Department of Pediatrics, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.
2 Department of Medicine, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.
3 Department of Obstetrics and Gynecology, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.

* Corresponding author. E-mail: debosch_b@kids.wustl.edu

要約  トレハロースは細胞のオートファジーを誘導し、病的タンパク質の凝集に関連する疾患を緩和する能力をもつことで注目を集めている、天然に存在する二糖類である。これは栄養補助食品、保存剤および湿潤剤として数十年にわたり広く使用されているものの、その作用機序は未だ解明されていない。われわれは、トレハロースがグルコース輸送体のSLC2A(別名GLUT)ファミリーのメンバーを阻害することを明らかにした。トレハロースを介したグルコース輸送の阻害は、in vivoにおいてAMPK(アデノシン5'-一リン酸–活性化プロテインキナーゼ)依存性オートファジーおよび脂肪肝の退行を誘導し、さらに初代マウス肝細胞培養における脂質滴の集積の減少を誘導した。われわれのデータは、トレハロースがグルコース輸送を阻害することで、有益な細胞オートファジーを引き起こすことを示した。

Citation: B. J. DeBosch, M. R. Heitmeier, A. L. Mayer, C. B. Higgins, J. R. Crowley, T. E. Kraft, M. Chi, E. P. Newberry, Z. Chen, B. N. Finck, N. O. Davidson, K. E. Yarasheski, P. W. Hruz, K. H. Moley, Trehalose inhibits solute carrier 2A (SLC2A) proteins to induce autophagy and prevent hepatic steatosis. Sci. Signal. 9, ra21 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年2月23日号

Editor's Choice

転写
lncRNAは遺伝子発現も促進する

Research Article

内皮細胞はVEGFによるCa2+シグナル伝達パターンを解読し異なる機能応答を生じる

トレハロースは溶質輸送体2A(SLC2A)タンパク質の阻害によりオートファジーを誘導し脂肪肝を防ぐ

ヘテロ三量体Gタンパク質サブユニットGαi-GTPおよびGβγによる好中球の極性と遊走の動的調節

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される