• ホーム
  • ケラチノサイトのMETシグナル伝達はEGFRを活性化させ扁平上皮発がんを開始させる

ケラチノサイトのMETシグナル伝達はEGFRを活性化させ扁平上皮発がんを開始させる

MET signaling in keratinocytes activates EGFR and initiates squamous carcinogenesis

Research Article

Sci. Signal. 21 Jun 2016:
Vol. 9, Issue 433, pp. ra62
DOI: 10.1126/scisignal.aaf5106

Christophe Cataisson, Aleksandra M. Michalowski, Kelly Shibuya, Andrew Ryscavage, Mary Klosterman, Lisa Wright, Wendy Dubois, Fan Liu, Anne Zhuang, Kameron B. Rodrigues, Shelley Hoover, Jennifer Dwyer, Mark R. Simpson, Glenn Merlino, and Stuart H. Yuspa*

Laboratory of Cancer Biology and Genetics, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892, USA.

* Corresponding author. Email: yuspas@mail.nih.gov

要約  受容体チロシンキナーゼMETは、多くのヒト扁平上皮がん(SCC)に大量に存在するが、腫瘍形成におけるその機能的意義は不明である。われわれは、METリガンドHGFの存在量が増加しているトランスジェニックMT-HGF(マウスメタロチオネイン‐肝細胞増殖因子)マウスにおいて、発がん物質誘発性の皮膚扁平上皮腫瘍の発生率が大幅に上昇することを見出した。MT-HGFマウスの皮膚では、創傷によって、またはプロテインキナーゼCの活性化因子である12-O-テトラデカノイルホルボール13-アセテートの塗布によって促進される、扁平上皮腫瘍の自然発生も認められた。発がん物質によって開始された腫瘍にはRas変異が認められたが、自然発生の腫瘍には認められなかった。MT-HGFマウスに由来する培養ケラチノサイトと、発がん性RASを形質導入したケラチノサイトは、キナーゼSRC、偽プロテアーゼiRhom1およびiRhom2、メタロペプチダーゼADAM17によって仲介される、上皮成長因子受容体(EGFR)リガンドの合成および放出の増加によるEGFRのオートクリン活性化に依存する、開始の表現型特性と生化学的特性を共有していた。MT-HGFケラチノサイトを皮膚線維芽細胞と混合し、同系マウスに移植した同所移植片において自然に発生した、MT-HGF扁平上皮腫瘍は、EGFRの薬理学的阻害によって退縮した。METにより形質転換したケラチノサイトの網羅的遺伝子発現プロファイルは、RASにより形質転換したケラチノサイトのプロファイルとの一致度が高く、中心的なRAS/MET共発現ネットワークは、前がん性およびがん性ヒト皮膚病変において活性化された。組織アレイにより、多くのヒト皮膚SCCに、HGFが転写物レベルでもタンパク質レベルでも大量に存在することが明らかになった。このように、EGFRの活性化を通じてMET活性化はRAS経路に類似し、ヒトおよびマウスの皮膚がんに関与する。

Citation: C. Cataisson, A. M. Michalowski, K. Shibuya, A. Ryscavage, M. Klosterman, L. Wright, W. Dubois, F. Liu, A. Zhuang, K. B. Rodrigues, S. Hoover, J. Dwyer, M. R. Simpson, G. Merlino, S. H. Yuspa, MET signaling in keratinocytes activates EGFR and initiates squamous carcinogenesis. Sci. Signal. 9, ra62 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年6月21日号

Editor's Choice

T細胞の生物学を解明する

Research Article

寛容原性ナノ粒子はSOCS2を介したT細胞による自己免疫を抑制する

ケラチノサイトのMETシグナル伝達はEGFRを活性化させ扁平上皮発がんを開始させる

アダプタータンパク質インスリン受容体基質2はマクロファージの選択的活性化とアレルギー性肺炎症を抑制する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される