• ホーム
  • 末梢性運動ニューロパチーはKCC3共輸送体のキナーゼ制御の欠失と関連している

末梢性運動ニューロパチーはKCC3共輸送体のキナーゼ制御の欠失と関連している

Peripheral motor neuropathy is associated with defective kinase regulation of the KCC3 cotransporter

Research Article

Sci. Signal. 02 Aug 2016:
Vol. 9, Issue 439, pp. ra77
DOI: 10.1126/scisignal.aae0546

Kristopher T. Kahle1,*, Bianca Flores2,*, Diana Bharucha-Goebel3,4, Jinwei Zhang1,5, Sandra Donkervoort3, Madhuri Hegde6, Gulnaz Hussain7,8, Daniel Duran1, Bo Liang9, Dandan Sun7,8, Carsten G. Bönnemann3,†,‡, and Eric Delpire2,†,‡

1 Departments of Neurosurgery and Pediatrics and Cellular and Molecular Physiology, Centers for Mendelian Genomics, Yale School of Medicine, New Haven, CT 06510, USA.
2 Department of Anesthesiology, Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN 37232, USA.
3 Neuromuscular and Neurogenetic Disorders of Childhood Section, Neurogenetics Branch, National Institute of Neurological Disorders and Stroke, Bethesda, MD 20814, USA.
4 Department of Neurology, Children’s National Health System, Washington, DC 20010, USA.
5 MRC Protein Phosphorylation and Ubiquitylation Unit, College of Life Sciences, University of Dundee, Dundee DD1 5EH, Scotland.
6 Department of Human Genetics, Emory University, Atlanta, GA 30322, USA.
7 Department of Neurology, University of Pittsburgh, Pittsburgh, PA 15213, USA.
8 Veterans Affairs Pittsburgh Health Care System, Geriatric Research, Educational and Clinical Center Pittsburgh, PA 15240, USA.
9 Departments of Microbiology and Immunobiology, Harvard Medical School, Boston, MA 02114, USA.

Corresponding author. Email: eric.delpire@vanderbilt.edu (E.D.); carsten.bonnemann@nih.gov (C.G.B.)

* These authors are co-first authors.

These authors are co-senior authors.

要約  われわれはエキソームシーケンシングを用い、主に運動ニューロンが障害された早期発症型で進行性の重症末梢性ニューロパチーの患者において、K+-Cl 共輸送体KCC3をコードする遺伝子であるSLC12A6に、新規突然変異(c.2971A>G; T991A)を同定した。通常、T991 のWNKキナーゼ依存性リン酸化はKCC3を持続的に阻害するが、細胞の腫脹はThr991 の脱リン酸化を引き起し、輸送体の活性化および細胞容積の回復をもたらす。患者の細胞におけるKCC3 T991A変異はThr991のリン酸化を消失させ、結果的に恒常的KCC3活性を生じさせて細胞容積の恒常性を損なうこととなった。KCC3T991A/T991A 変異マウスは恒常的KCC3活性を示し、患者の臨床的、電気生理学的および病理組織学的所見の側面を再現した。これらの結果は、末梢神経系の機能は微調整されるキナーゼ制御性KCC3活性に依存し、これまで報告されてこなかった軸索変性の機序として、細胞容積のホメオスタシス異常が関係することを示している。

Citation: K. T. Kahle, B. Flores, D. Bharucha-Goebel, J. Zhang, S. Donkervoort, M. Hegde, G. Hussain, D. Duran, B. Liang, D. Sun, C. G. Bönnemann, E. Delpire, Peripheral motor neuropathy is associated with defective kinase regulation of the KCC3 cotransporter. Sci. Signal. 9, ra77 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年8月2日号

Editor's Choice

アストロサイトがミトコンドリアを提供する

Research Article

末梢性運動ニューロパチーはKCC3共輸送体のキナーゼ制御の欠失と関連している

低分子ヘテロ二量体パートナーSHPはアストロサイト特異的に肝臓X受容体(LXR)のSUMO化を促進することにより炎症性シグナル伝達のLXR依存的抑制を媒介する

Research Resources

ヒトTCRシグナロソームにおけるタンパク質複合体の多重マトリックスネットワーク解析

最新のResearch Article記事

2019年7月9日号

L型アミノ酸トランスポーターLAT1は破骨細胞形成を阻害し、mTORC1経路を介して骨の恒常性を維持する

短期細胞記憶はケモカイン受容体CXCR4のシグナル伝達応答を調整する

2019年7月2日号

宿主のミトコンドリアが腸内マイクロバイオームの多様性に影響を及ぼす:ROSの役割

長鎖非コードRNA NEAT1はニューロンのヒストンメチル化および加齢関連記憶障害を媒介する

2019年6月25日号

LIMK1を薬理学的に阻害するとβアミロイドに対する樹状突起棘の回復力が高まる