• ホーム
  • 活性酸素種は全身性エリテマトーデスにおけるウイルス非依存性MAVSオリゴマー化を誘発する

活性酸素種は全身性エリテマトーデスにおけるウイルス非依存性MAVSオリゴマー化を誘発する

Reactive oxygen species induce virus-independent MAVS oligomerization in systemic lupus erythematosus

Research Article

Sci. Signal. 29 Nov 2016:
Vol. 9, Issue 456, pp. ra115
DOI: 10.1126/scisignal.aaf1933

Iwona A. Buskiewicz1,*, Theresa Montgomery1, Elizabeth C. Yasewicz1, Sally A. Huber1, Michael P. Murphy2, Richard C. Hartley3, Ryan Kelly4, Mary K. Crow5, Andras Perl4, Ralph C. Budd6, and Andreas Koenig1,6,*

1 Department of Pathology, Vermont Center for Immunology and Infectious Diseases, University of Vermont, Burlington, VT 05405, USA.
2 MRC Mitochondrial Biology Unit, Wellcome Trust/MRC Building, Cambridge CB2 0XY, UK.
3 WestCHEM School of Chemistry, University of Glasgow, Glasgow G12 8QQ, UK.
4 Upstate University Hospital, State University of New York, Rheumatology Clinic, Syracuse, NY 13202, USA.
5 Hospital for Special Surgery, Weill Cornell Medical College, New York, NY 10021, USA.
6 Department of Medicine, Vermont Center for Immunology and Infectious Diseases, University of Vermont, Burlington, VT 05405, USA.

* Corresponding author. Email: akoenig@uvm.edu (A.K.); ibuskiew@uvm.edu (I.A.B.)

要約  I型インターフェロン(IFN)によって誘導される遺伝子発現の亢進は、ウイルス感染および全身性エリテマトーデス(SLE)の特徴である。本研究では、通常、ウイルス感染中にレチノイン酸誘導遺伝子I(RIG-I)様ヘリカーゼと複合体を形成するミトコンドリア抗ウイルスシグナル伝達(MAVS)タンパク質が、RIG-Iヘリカーゼとは独立して、酸化ストレスによって活性化されることを示した。また、化学的に発生させた酸化ストレスは、MAVSオリゴマーの形成を刺激し、ミトコンドリアの過分極並びにアデノシン三リン酸産生および予備呼吸能の減少に至った。これらは、同様に処理したMAVS欠損細胞では認められない反応であった。SLE患者の末梢血リンパ球もI型IFN分泌亢進及びミトコンドリア酸化ストレスと相関する自発的MAVSオリゴマー化を呈した。さらに、ミトコンドリアを標的とする抗酸化剤MitoQによるミトコンドリア活性酸素種(ROS)の阻害は、MAVSオリゴマー化及びI型IFN産生を防いだ。サハラ以南のアフリカ人の30%にみられ、SLE患者におけるI型IFN分泌減少及び疾患重症度低下と関連のあるMAVS-C79Fバリアントを発現している細胞では、ROS依存性MAVSオリゴマー化及びI型IFN産生が少なかった。MAVS-C79Fバリアント発現患者では、健康対照と比較して、血漿中オリゴマー化MAVSの量も少なかった。これらの所見を合わせると、SLE患者における酸化ストレスによるMAVSオリゴマー化は本症候群の特徴であるI型IFNシグナチャーに寄与していると考えられる。

Citation: I. A. Buskiewicz, T. Montgomery, E. C. Yasewicz, S. A. Huber, M. P. Murphy, R. C. Hartley, R. Kelly, M. K. Crow, A. Perl, R. C. Budd, A. Koenig, Reactive oxygen species induce virusindependent MAVS oligomerization in systemic lupus erythematosus. Sci. Signal. 9, ra115 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年11月29日号

Editor's Choice

味覚で光を感知する

Research Article

活性酸素種は全身性エリテマトーデスにおけるウイルス非依存性MAVSオリゴマー化を誘発する

動的なpre-BCRホモ二量体がB前駆細胞性急性リンパ性白血病における自律的な生存シグナルを微調整する

κオピオイド受容体のバイアスアゴニストは鎮静または不快を引き起こすことなく疼痛とそう痒を抑制する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される