• ホーム
  • BMP8Aは精原細胞においてSMAD1/5/8およびSMAD2/3の両方を活性化することにより精子形成を維持する

BMP8Aは精原細胞においてSMAD1/5/8およびSMAD2/3の両方を活性化することにより精子形成を維持する

BMP8A sustains spermatogenesis by activating both SMAD1/5/8 and SMAD2/3 in spermatogonia

Research Article

Sci. Signal. 02 May 2017:
Vol. 10, Issue 477, eaal1910
DOI: 10.1126/scisignal.aal1910

Fang-Ju Wu1, Ting-Yu Lin1, Li-Ying Sung2, Wei-Fang Chang2, Po-Chih Wu1, and Ching-Wei Luo1,*

1 Department of Life Sciences and Institute of Genome Sciences, National Yang-Ming University, Taipei 112, Taiwan.
2 Institute of Biotechnology, National Taiwan University, Taipei 106, Taiwan.

* Corresponding author. Email: cwluo@ym.edu.tw

要約
骨形成タンパク質(BMP)8Aまたは8B(Bmp8aまたはBmp8b)をコードするいずれかの遺伝子の突然変異は、マウスの精原細胞の出生後枯渇を引き起こす。われわれは、新生仔マウス精原細胞においては、Bmp8aが主に発現され、Bmp8bは発現されないことを見出した。ほとんどのBMPは、SMAD1、5、8(SMAD1/5/8)の活性化を誘導するが、SMAD2および3(SMAD2/3)は活性化しない。しかし、BMP8Aは両セットの転写因子を介したシグナル伝達を誘導することがわかった。未分化マウス精原細胞において、BMP8Aは、ALK3と、ACVR2AまたはBMPR2のいずれかにより形成された受容体複合体を介してSMAD1/5/8を活性化し、ALK5と、ACVR2A、ACVR2BまたはTGFBR2により形成された受容体複合体を介してSMAD2/3を活性化した。SMAD2/3を介したシグナル伝達は、生殖細胞の増殖を促進し、一方、SMAD1/5/8を介したシグナル伝達は、その後の精原細胞の分化を誘導した。BMP8Aは、培養マウス精巣外植片において精子形成を促進し、得られた精子は生殖能を有していた。これらの結果は、精原細胞の増殖および分化を促進するBMP8Aの二つの役割が、男性不妊を治療するために臨床的に利用され得ることを示唆する。

Citation: F.-J. Wu, T.-Y. Lin, L.-Y. Sung, W.-F. Chang, P.-C. Wu, C.-W. Luo, BMP8A sustains spermatogenesis by activating both SMAD1/5/8 and SMAD2/3 in spermatogonia. Sci. Signal. 10, eaal1910 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年5月2日号

Editor's Choice

受精中の自然免疫応答を停止する

Research Article

BMP8Aは精原細胞においてSMAD1/5/8およびSMAD2/3の両方を活性化することにより精子形成を維持する

白血病細胞におけるNotch転写複合体に結合する配列対合部位のゲノムワイドな同定と特徴付け

ショウジョウバエモデルにおける運動亢進は脆弱X症候群の根底にあるシナプス異常の機能的な読み出し情報である

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する