• ホーム
  • アゴニスト選択的NOP受容体のリン酸化は、化学的に多様なアゴニストによる差次的な活性化後シグナル伝達をin vitroとin vivoで関連付けて解明する

アゴニスト選択的NOP受容体のリン酸化は、化学的に多様なアゴニストによる差次的な活性化後シグナル伝達をin vitroとin vivoで関連付けて解明する

Agonist-selective NOP receptor phosphorylation correlates in vitro and in vivo and reveals differential post-activation signaling by chemically diverse agonists

Research Article

Sci. Signal. 26 Mar 2019:
Vol. 12, Issue 574, eaau8072
DOI: 10.1126/scisignal.aau8072

Anika Mann1,*, Lionel Moulédous2, Carine Froment3, Patrick R. O'Neill4, Pooja Dasgupta1, Thomas Günther1, Gloria Brunori5, Brigitte L. Kieffer6, Lawrence Toll5, Michael R. Bruchas7, Nurulain T. Zaveri8, and Stefan Schulz1,*

1 Institute of Pharmacology and Toxicology, Jena University Hospital, Friedrich Schiller University Jena, Drackendorfer Str. 1, Jena 07747, Germany.
2 Research Center on Animal Cognition, Center for Integrative Biology, Toulouse University, CNRS, UPS, 31062 Toulouse Cedex 09, France.
3 Institut de Pharmacologie et de Biologie Structurale, Université de Toulouse, CNRS, UPS, 31077 Toulouse Cedex 04, France.
4 Department of Anesthesiology, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.
5 Biomedical Science Department, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University, Boca Raton, FL 33431, USA.
6 Douglas Research Center, Department of Psychiatry, Faculty of Medicine, McGill University, Montreal, QC H3A 1A1, Canada.
7 Center for the Neurobiology of Addiction, Pain, and Emotion, Departments of Anesthesiology and Pharmacology, University of Washington, Seattle, WA 98195, USA.
8 Astraea Therapeutics LLC, Mountain View, CA 94043, USA.

* Corresponding author. Email: anika.mann@med.uni-jena.de (A.M.); stefan.schulz@med.uni-jena.de (S.S.)

要約

オピオイド受容体ファミリーのメンバーであるノシセプチン/オルファニンFQオピオイドペプチド(NOP)受容体のアゴニストは、新規の鎮痛薬として盛んに試験されているが、そのシグナル伝達様式は、他のオピオイド受容体ファミリーに比べて十分には特性解析されていない。そこでわれわれは、異なるNOP受容体リガンドがNOP受容体において差次的なシグナル伝達または機能的選択性を示すか否かを調べた。われわれは新たに開発した、NOP受容体に対するリン酸化部位特異的抗体を用いて、アゴニスト誘導性NOP受容体のリン酸化が主として4つのカルボキシ末端のセリン(Ser)およびスレオニン(Thr)残基、すなわちSer346、Ser351、Thr362およびSer363で生じること、また、Ser346を最初のリン酸化部位とする時間的階層性をもって進むことを見出した。アゴニスト誘導性リン酸化の間、Gタンパク質共役受容体キナーゼ2および3(GRK2/3)が協力し合い、ひいてはNOP受容体の脱感作および内部移行を促進した。構造的に異なるNOP受容体アゴニストの比較から、Gタンパク質依存性シグナル伝達と受容体リン酸化では機能的作用が解離していることを明らかにした。さらに、NOP-eGFPおよびNOP-eYFPマウスでは、NOP受容体アゴニストが用量依存的かつアゴニスト選択的に、特定のアンタゴニストにより阻害されうる複数部位のリン酸化と内部移行を誘導していた。われわれの研究から、リガンド活性化NOP受容体シグナル伝達をin vitroおよびin vivoで研究する新たなツールが得られた。化学的に多様なNOP受容体アゴニストによるアゴニスト選択的NOP受容体の差次的なリン酸化は、NOP受容体アゴニストによる差次的なシグナル伝達が、NOP受容体リガンドの薬理作用に関与している可能性を示唆している。

Citation: A. Mann, L. Moulédous, C. Froment, P. R. O'Neill, P. Dasgupta, T. Günther, G. Brunori, B. L. Kieffer, L. Toll, M. R. Bruchas, N. T. Zaveri, S. Schulz, Agonist-selective NOP receptor phosphorylation correlates in vitro and in vivo and reveals differential post-activation signaling by chemically diverse agonists. Sci. Signal. 12, eaau8072 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年3月26日号

Editor's Choice

適切な時と場所でcGASを活性化する

Research Article

プロタミン2のセリン56の脱リン酸化はin vivoでのマウス精子の成熟に重要である

アゴニスト選択的NOP受容体のリン酸化は、化学的に多様なアゴニストによる差次的な活性化後シグナル伝達をin vitroとin vivoで関連付けて解明する

Reviews

酵素酸化リン脂質が、自然免疫および細胞死の重要な調整因子として注目を集める

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する