• ホーム
  • TRPM7チャネルは骨発生を促進する成長板軟骨細胞における自発的Ca2+振動を媒介する

TRPM7チャネルは骨発生を促進する成長板軟骨細胞における自発的Ca2+振動を媒介する

TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development

Research Article

Sci. Signal. 09 Apr 2019:
Vol. 12, Issue 576, eaaw4847
DOI: 10.1126/scisignal.aaw4847

Nianchao Qian1,*, Atsuhiko Ichimura1,2,*, Daisuke Takei1, Reiko Sakaguchi3, Akihiro Kitani1, Ryohei Nagaoka1, Masato Tomizawa1, Yuu Miyazaki1, Hitoshi Miyachi4, Tomohiro Numata5,6, Sho Kakizawa1, Miyuki Nishi1,6, Yasuo Mori6, and Hiroshi Takeshima1,†

1 Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University, Kyoto 615-8501, Japan.
2 Keihanshin Consortium for Fostering the Next Generation of Global Leaders in Research (K-CONNEX), Kyoto University, Kyoto 606-8501, Japan.
3 Institute for Integrated Cell-Material Sciences, Kyoto University, Kyoto 615-8510, Japan.
4 Reproductive Engineering Team, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University, Kyoto 606-8507, Japan.
5 Graduate School of Medical Sciences, Fukuoka University, Fukuoka 814-0180, Japan.
6 Graduate School of Engineering, Kyoto University, Kyoto 615-8510, Japan.

† Corresponding author. Email: takeshim@pharm.kyoto-u.ac.jp

* These authors equally contributed to this study as co-first authors.

要約

長骨の軟骨内骨化時、増殖し分化した軟骨細胞は骨端成長板を構成する層状構造に配置され、そこで軟骨細胞は軟骨マトリックスを分泌し、続いてそれが小柱骨に変換される。Ca2+シグナル伝達は、in vitroでの軟骨形成に関与している。マウス胚由来の骨スライスの蛍光イメージングにより、われわれは生きた成長板軟骨細胞が、弱く断続的なCa2+流入と関連した細胞自律的な小さなCa2+振動を生成することを示した。Ca2+透過性チャネルをコードするいくつかの遺伝子が成長板軟骨細胞において発現していたが、一過性受容体電位カチオンチャネルサブファミリーMメンバー7(TRPM7)の薬理学的阻害剤のみが自発的Ca2+振動を減少させた。TRPM7媒介Ca2+流入は、ホスホリパーゼCの基底活性の下流で活性化された可能性があり、大きなコンダクタンスのCa2+依存性K+チャネルにより誘導される細胞過分極により増強された。TRPM7がex vivo培養時にコンディショナルノックアウトされた胚由来の骨は、成長の減少を示し、成長板におけるCa2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼII(CaMKII)の不十分な自己リン酸化を伴う組織学的異常を呈した。TRPM7媒介Ca2+振動とCaMKII依存性軟骨形成との関連は、軟骨細胞特異的Trpm7ノックアウトマウスを用いた実験によってさらに支持された。このように、成長板軟骨細胞は、自己成熟および骨発生を促進する自発的なTRPM7媒介Ca2+振動を生成する。

Citation: N. Qian, A. Ichimura, D. Takei, R. Sakaguchi, A. Kitani, R. Nagaoka, M. Tomizawa, Y. Miyazaki, H. Miyachi, T. Numata, S. Kakizawa, M. Nishi, Y. Mori, H. Takeshima, TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development. Sci. Signal. 12, eaaw4847 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年4月9日号

Editor's Choice

クロマチンのセロトニン化が分化を抑制する

Research Article

IL-3刺激を受けたマウス好塩基球のIL-4産生におけるSTIM1ではなくSTIM2の中心的役割

TRPM7チャネルは骨発生を促進する成長板軟骨細胞における自発的Ca2+振動を媒介する

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する