• ホーム
  • 複数のシグナルが状態特異的な転写プログラムを始動させて免疫細胞の多様性と恒常性を維持する

複数のシグナルが状態特異的な転写プログラムを始動させて免疫細胞の多様性と恒常性を維持する

Signals trigger state-specific transcriptional programs to support diversity and homeostasis in immune cells

Research Article

Sci. Signal. 14 May 2019:
Vol. 12, Issue 581, eaao5820
DOI: 10.1126/scisignal.aao5820

Cornelius Fischer1,2,3,*, Maria Metsger1,2,3,4,*, Sophia Bauch1,2, Ramon Vidal1, Michael Böttcher2, Phillip Grote2,5, Magdalena Kliem1,2, and Sascha Sauer1,2,6,†

1 Laboratory of Functional Genomics, Nutrigenomics and Systems Biology, Scientific Genomics Platforms, Max Delbrück Center for Molecular Medicine (BIMSB/BIH), 13092 Berlin, Germany.
2 Max Planck Institute for Molecular Genetics, 14195 Berlin, Germany.
3 Department of Biology, Chemistry, and Pharmacy, Free University of Berlin, 14195 Berlin, Germany.
4 Central European Institute of Technology, Masaryk University, 62500 Brno, Czech Republic.
5 Institute of Cardiovascular Regeneration, Centre for Molecular Medicine, Goethe University, 60590 Frankfurt am Main, Germany.
6 CU Systems Medicine, University of Würzburg, 97080 Würzburg, Germany.

† Corresponding author. Email: sascha.sauer@mdc-berlin.de

* These authors contributed equally to this work.

要約

マクロファージは、ヒトおよび他の哺乳類の免疫系において重要な役割を担う。本稿では、ヒトマクロファージのmRNAとタンパク質の単一細胞解析を行い、グラム陰性細菌の構成要素であるシグナル伝達分子のリポ多糖(LPS)に対する応答と、遊離脂肪酸のパルミチン酸(PAL)に対する応答を比較した。そして、いずれの分子も細胞表面タンパク質Toll様受容体4(TLR4)を介してシグナルを伝達するが、異なる遺伝子の発現を促進させ、それぞれのシグナルに特異的な炎症性または抗炎症性の細胞状態を生むことを明らかにした。LPSシグナル伝達と拮抗するグルココルチコイド受容体とPAL誘導性の炎症を抑制するサイクリックAMP依存性転写因子3が炎症反応に及ぼす影響の大部分は、デジタルなオン・オフのイベントによって決まるようであった。さらに、転写変動とシグナル伝達エントロピーを定量化したことで、細胞状態に特異的な非制御下の分子経路を同定できた。これらのデータは、個々の細胞でシグナル伝達が保存されるおかげで、主要な細胞機能の維持に必要な多様性がマクロファージ集団にもたらされている可能性を示唆している。

Citation: C. Fischer, M. Metsger, S. Bauch, R. Vidal, M. Böttcher, P. Grote, M. Kliem, S. Sauer, Signals trigger state-specific transcriptional programs to support diversity and homeostasis in immune cells. Sci. Signal. 12, eaao5820 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年5月14日号

Editor's Choice

細胞ストレスを止める

Research Article

複数のシグナルが状態特異的な転写プログラムを始動させて免疫細胞の多様性と恒常性を維持する

シグナル伝達アダプターBCAPはFlightless-1との相互作用を介してマクロファージにおけるNLRP3およびNLRC4インフラマソーム活性化を阻害する

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する