• ホーム
  • シグナル伝達アダプターBCAPはFlightless-1との相互作用を介してマクロファージにおけるNLRP3およびNLRC4インフラマソーム活性化を阻害する

シグナル伝達アダプターBCAPはFlightless-1との相互作用を介してマクロファージにおけるNLRP3およびNLRC4インフラマソーム活性化を阻害する

The signaling adaptor BCAP inhibits NLRP3 and NLRC4 inflammasome activation in macrophages through interactions with Flightless-1

Research Article

Sci. Signal. 14 May 2019:
Vol. 12, Issue 581, eaau0615
DOI: 10.1126/scisignal.aau0615

Samuel J. Carpentier1,*, Minjian Ni2,*, Jeffrey M. Duggan2,3, Richard G. James4,5, Brad T. Cookson1,6, and Jessica A. Hamerman2,3,†

1 Department of Microbiology, University of Washington, Seattle, WA 98195, USA.
2 Immunology Program, Benaroya Research Institute, Seattle, WA 98101, USA.
3 Department of Immunology, University of Washington, Seattle, WA 98109, USA.
4 Seattle Children's Research Institute, Seattle, WA 98101, USA.
5 Department of Pediatrics, University of Washington, Seattle, WA 98195, USA.
6 Department of Laboratory Medicine, University of Washington, Seattle, WA 98195, USA.

† Corresponding author. Email: jhamerman@benaroyaresearch.org

* These authors contributed equally to this work.

要約

ホスホイノシチド3-キナーゼ(PI3K)に対するB細胞アダプター(BCAP)は、B細胞におけるB細胞受容体シグナル伝達およびマクロファージにおけるToll様受容体(TLR)シグナル伝達の下流のPI3K経路を活性化するシグナル伝達アダプターである。BCAPは、クラスI PI3Kの調節性p85サブユニットに結合する大きなマルチドメインタンパク質である。マクロファージ中の他のBCAP相互作用タンパク質を同定するため、プロテオミクス分析を用いて、BCAPがカスパーゼ-1偽基質阻害剤Flightless-1およびその結合パートナーであるロイシンリッチ反復flightless相互作用タンパク質2と特異的に結合することを見出した。これらのタンパク質はNLRP3インフラマソームを阻害するため、われわれは、インフラマソーム機能におけるBCAPの役割を調べた。TLRプライミングに及ぼすその効果とは独立に、BCAPは、NLRP3およびNLRC4誘導性のカスパーゼ-1の活性化、細胞死、およびマクロファージからのIL-1β放出を阻害した。それにより、カスパーゼ-1依存性の仮性結核菌(Yersinia pseudotuberculosis)変異体のクリアランスは、BCAP欠損マウスにおいて増強された。メカニズムとして、BCAPはFlightless-1との結合を介して、NLRP3/ASCプレインフラマソーム内のプロカスパーゼ-1の動員と活性化を遅らせた。このように、BCAPは、マクロファージの主要な病原体感知経路を阻害する多機能シグナル伝達アダプターである。

Citation: S. J. Carpentier, M. Ni, J. M. Duggan, R. G. James, B. T. Cookson, J. A. Hamerman, The signaling adaptor BCAP inhibits NLRP3 and NLRC4 inflammasome activation in macrophages through interactions with Flightless-1. Sci. Signal. 12, eaau0615 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年5月14日号

Editor's Choice

細胞ストレスを止める

Research Article

複数のシグナルが状態特異的な転写プログラムを始動させて免疫細胞の多様性と恒常性を維持する

シグナル伝達アダプターBCAPはFlightless-1との相互作用を介してマクロファージにおけるNLRP3およびNLRC4インフラマソーム活性化を阻害する

最新のResearch Article記事

2020年1月7日号

遺伝性痙性対麻痺SPG8変異はCAV1依存性のインテグリン介在性細胞接着を障害する

GPCR修飾タンパク質であるMRAP2はグレリン受容体GHSR1aの偏向性シグナル伝達と恒常的活性の両方を調節する

2019年12月17日号

mTORからeIF2αへのシグナル伝達が化学療法薬ドキソルビシンに応答した細胞遊走を媒介する

ヘキソキナーゼ2は解糖とTGF-βの線維化促進作用を結びつける

ナチュラルキラー細胞受容体の膜上のナノスケール構成およびシグナル伝達に遺伝的多様性が影響