• ホーム
  • CDK5はクラスリンアダプタータンパク質AP2µ2をリン酸化することによりTRPV1のクラスリン依存的内在化を阻害する

CDK5はクラスリンアダプタータンパク質AP2µ2をリン酸化することによりTRPV1のクラスリン依存的内在化を阻害する

CDK5 inhibits the clathrin-dependent internalization of TRPV1 by phosphorylating the clathrin adaptor protein AP2µ2

Research Article

Sci. Signal. 11 Jun 2019:
Vol. 12, Issue 585, eaaw2040
DOI: 10.1126/scisignal.aaw2040

Jiao Liu1,2,*, Junxia Du3,*, and Yun Wang2,4,†

1 Center of Medical and Health Analysis, Peking University Health Science Center, Beijing 100191, China.
2 Neuroscience Research Institute and Department of Neurobiology, School of Basic Medical Sciences, the Key Laboratory for Neuroscience of the Ministry of Education/National Health Commission and State Key Laboratory of Natural and Biomimetic Drugs, Peking University, Beijing 100191, China.
3 College of Biological Science and Engineering, Xingtai University, Xingtai 054001, Hebei Province, China.
4 PKU-IDG/McGovern Institute for Brain Research, Peking University, Beijing 100871, China.

† Corresponding author. Email: wangy66@bjmu.edu.cn

* These authors contributed equally to this work.

要約

非選択的リガンド依存性カチオンチャネルである一過性受容体電位バニロイド1(TRPV1)は、複数の有害刺激に応答し、また、その輸送と活性に影響を与える多くのキナーゼの標的である。TRPV1の内在化に関する研究は、カプサイシンまたは他のアゴニストにより誘発されるものに主に焦点が当てられてきた。ここでは、TRPV1の構成的内在化が、クラスリン、ダイナミン、およびアダプタータンパク質複合体2(AP2)に依存した様式で起こることを報告する。AP2のμ2サブユニット(AP2μ2)は、TRPV1と直接相互作用し、その構成的内在化に必要であった。サイクリン依存性キナーゼ5(CDK5)は、Ser45でAP2μ2をリン酸化し、それはTRPV1とAP2μ2の間の相互作用を減少させ、TRPV1の内在化の減少をもたらした。Cdk5によるリン酸化に関してAP2μ2と競合する、AP2μ2のCdk5リン酸化部位に対応する細胞透過性融合ペプチドの髄腔内送達は、ラットにおいて後根神経節ニューロンの表面上のTRPV1の存在量を増加させ、完全フロイントアジュバント(CFA)誘導性炎症性熱痛覚過敏を減少させた。これらの知見は、TRPV1の構成的内在化の機構およびそのCDK5による阻害を説明することに加えて、CDK5がTRPV1の内在化を減少させることにより炎症性熱痛覚過敏を促進することを示し、疼痛を治療する薬物標的の探索にこれまでに知られていない洞察を提供する。

Citation: J. Liu, J. Du, Y. Wang, CDK5 inhibits the clathrin-dependent internalization of TRPV1 by phosphorylating the clathrin adaptor protein AP2µ2. Sci. Signal. 12, eaaw2040 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年6月11日号

Editor's Choice

ミトコンドリア呼吸は必要ない

Research Article

AMPKは急性のエネルギーストレス下でmTORC2を直接的に活性化して細胞の生存を促進する

CDK5はクラスリンアダプタータンパク質AP2µ2をリン酸化することによりTRPV1のクラスリン依存的内在化を阻害する

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する