• ホーム
  • 長鎖非コードRNA NEAT1はニューロンのヒストンメチル化および加齢関連記憶障害を媒介する

長鎖非コードRNA NEAT1はニューロンのヒストンメチル化および加齢関連記憶障害を媒介する

Long noncoding RNA NEAT1 mediates neuronal histone methylation and age-related memory impairment

Research Article

Sci. Signal. 02 Jul 2019:
Vol. 12, Issue 588, eaaw9277
DOI: 10.1126/scisignal.aaw9277

Anderson A. Butler, Daniel R. Johnston, Simranjit Kaur, and Farah D. Lubin*

University of Alabama at Birmingham, Birmingham, AL 35294, USA.

* Corresponding author. Email: flubin@uab.edu

要約

ヒストンのメチル化は長期記憶の形成と維持に重要である。長鎖非コードRNA(lncRNA)は、ヒストンメチルトランスフェラーゼおよび他のクロマチン修飾酵素(CME)の調節因子であり、それによりエピジェネティックに遺伝子発現を修飾する。ここでは、トランスクリプトミクス、RNA結合タンパク質免疫沈降、CRISPR媒介遺伝子活性化(CRISPRa)、および行動学的手法の組み合わせにより、lncRNA NEAT1がいかにエピジェネティックに、海馬依存性の長期記憶形成に寄与し得るかを調べた。lncRNA Neat1のノックダウンは、遺伝子転写における広範な変化、ならびに、加齢げっ歯類の海馬で増加する抑制性ヒストン修飾マークであるヒストン3リジン9ジメチル化(H3K9me2)の異常を生じさせた。われわれは、c-Fos mRNAの発現の観察された変化と一致する、c-Fos プロモーターでのNEAT1依存性のH3K9me2による転写抑制機構を同定した。CRISPRaを用いた海馬でのNEAT1の過剰発現は、若年成体マウスにおいて記憶形成を損わせるのに十分であり、老齢マウスにおいて観察された記憶障害を再現したのに対し、若年および老齢マウスにおけるNEAT1のノックダウンは行動試験関連記憶を改善した。これらの結果は、lncRNA NEAT1が海馬依存性の長期記憶形成のエピジェネティックサプレッサーであることを示唆する。

Citation: A. A. Butler, D. R. Johnston, S. Kaur, F. D. Lubin, Long noncoding RNA NEAT1 mediates neuronal histone methylation and age-related memory impairment. Sci. Signal. 12, eaaw9277 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年7月2日号

Editor's Choice

ユビキチンリガーゼの脂質化

Research Article

宿主のミトコンドリアが腸内マイクロバイオームの多様性に影響を及ぼす:ROSの役割

長鎖非コードRNA NEAT1はニューロンのヒストンメチル化および加齢関連記憶障害を媒介する

最新のResearch Article記事

2019年10月29日号

iRhom2は胆管閉塞誘発性の肝線維化を抑制する

TLR7とTLR8はRNAウイルス感染時に単球の異なる経路を活性化する

2019年10月22日号

改変されたN-ヒドロキシピペコリン酸合成経路がトマトの全身獲得抵抗性を増強する

CD45はT細胞におけるシグナル伝達のゲートキーパーとして機能する

代謝静止状態の誘導が移行性B細胞から濾胞性B細胞へのスイッチを定義する