• ホーム
  • MYC分解スクリーニングの応用によりKRAS変異型膵がんにおけるCDK9阻害薬に対する感度を見極める

MYC分解スクリーニングの応用によりKRAS変異型膵がんにおけるCDK9阻害薬に対する感度を見極める

Application of a MYC degradation screen identifies sensitivity to CDK9 inhibitors in KRAS-mutant pancreatic cancer

Research Article

Sci. Signal. 16 Jul 2019:
Vol. 12, Issue 590, eaav7259
DOI: 10.1126/scisignal.aav7259

Devon R. Blake1, Angelina V. Vaseva2, Richard G. Hodge2, McKenzie P. Kline3, Thomas S. K. Gilbert1,4, Vikas Tyagi5, Daowei Huang5, Gabrielle C. Whiten5, Jacob E. Larson5, Xiaodong Wang2,5, Kenneth H. Pearce5, Laura E. Herring1,4, Lee M. Graves1,2,4, Stephen V. Frye2,5, Michael J. Emanuele1,2, Adrienne D. Cox1,2,6, and Channing J. Der1,2,*

1 Department of Pharmacology, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
2 Lineberger Comprehensive Cancer Center, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
3 Department of Biology, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
4 UNC Michael Hooker Proteomics Center, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
5 Center for Integrative Chemical Biology and Drug Discovery, Eshelman School of Pharmacy, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
6 Department of Radiation Oncology, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
* Corresponding author. Email: cjder@med.unc.edu

要約

KRASシグナル伝達によるMYC腫瘍性タンパク質の安定化は、膵管腺がん(PDAC)の成長を大きく促進する。そのためMYCタンパク質の安定化がどのように制御されているかを理解することが、有効な治療法につながる可能性がある。今回われわれは、以前に開発したフローサイトメトリーベースのアッセイ法を用い、800を超えるプロテインキナーゼ阻害薬のライブラリーをスクリーニングして、KRAS変異型PDAC細胞株においてMYCの安定化または分解のいずれかを促進する化合物を同定した。MYCを安定化または不安定化する化合物をバリデートし、その後、二次元(2D)および3Dの細胞培養の両方においてMYCタンパク質の著しい消失を誘導する、UNC10112785という1つの化合物に注目した。この化合物は、これまで特性が明らかにされていなかった骨格をもつ強力なCDK9阻害薬であり、転写と翻訳後の両方の機構を通してMYCの消失を引き起こしてPDAC足場依存性および足場非依存性増殖を抑制することを、われわれは明らかにした。さらにCDK9は、これまで未知であったMYCのSer62での直接リン酸化が関与するKRAS非依存性機構を通して、MYCタンパク質の安定性を増強することを発見した。このようにわれわれの研究は、KRAS変異型PDACを有する患者に対する治療標的候補を同定したのみならず、タンパク質の安定性の制御因子を同定するためにより幅広く適用できるスクリーニング戦略の応用法を示すものでもある。

Citation: D. R. Blake, A. V. Vaseva, R. G. Hodge, M. P. Kline, T. S. K. Gilbert, V. Tyagi, D. Huang, G. C. Whiten, J. E. Larson, X. Wang, K. H. Pearce, L. E. Herring, L. M. Graves, S. V. Frye, M. J. Emanuele, A. D. Cox, C. J. Der, Application of a MYC degradation screen identifies sensitivity to CDK9 inhibitors in KRAS-mutant pancreatic cancer. Sci. Signal. 12, eaav7259 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年7月16日号

Editor's Choice

ビタミンAはどのようにして皮膚を保護するのか

Research Article

ガレクチン3は角膜の修復中に上皮‐実質間のパラクリンシグナル伝達を惹起してタンパク質分解微小環境を形成する

MYC分解スクリーニングの応用によりKRAS変異型膵がんにおけるCDK9阻害薬に対する感度を見極める

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する