• ホーム
  • セマフォリン4Cによる逆シグナル伝達はがん細胞においてSMAD1/5-およびID1/3-依存的浸潤性再プログラミングを誘発する

セマフォリン4Cによる逆シグナル伝達はがん細胞においてSMAD1/5-およびID1/3-依存的浸潤性再プログラミングを誘発する

Reverse signaling by semaphorin 4C elicits SMAD1/5- and ID1/3-dependent invasive reprogramming in cancer cells

Research Article

Sci. Signal. 20 Aug 2019:
Vol. 12, Issue 595, eaav2041
DOI: 10.1126/scisignal.aav2041

Sreeharsha Gurrapu1,*, Giulia Franzolin1,2,†, Damon Fard1,2,†, Massimo Accardo1, Enzo Medico2,3, Ivana Sarotto4, Anna Sapino4,5, Claudio Isella2,3, and Luca Tamagnone6,7,‡

1 Cancer Cell Biology Laboratory, Candiolo Cancer Institute-FPO, IRCCS, Candiolo 10060, Italy.
2 Department of Oncology, University of Torino Medical School, Turin 10124, Italy.
3 Oncogenomics Laboratory, Candiolo Cancer Institute-FPO, IRCCS, Candiolo 10060, Italy.
4 Unit of Pathology, Candiolo Cancer Institute-FPO, IRCCS, Candiolo 10060, Italy.
5 Department of Medical Sciences, University of Torino Medical School, Turin 10124, Italy.
6 Istituto di Istologia ed Embriologia, Università Cattolica del Sacro Cuore, Rome 00168, Italy.
7 Fondazione Policlinico Universitario Agostino Gemelli, IRCCS, Rome 00168, Italy.

‡ Corresponding author. Email: luca.tamagnone@unicatt.it

* Present address: Department of Cancer Biology, University of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77054, USA.

† These authors contributed equally to this work.

要約

セマフォリンは、細胞移動を導く分子シグナルのファミリーであり、がん細胞の調節に関与する。特に、膜貫通セマフォリンは、リガンド(「順」モード)およびシグナル受容体(「逆」モード)の両方として機能すると仮定されている。しかしながら、がんにおける逆セマフォリンシグナル伝達は比較的理解されていない。ここで、われわれは、非従来型TGF-β/BMP受容体活性化と選択的SMAD1/5リン酸化を誘発する、逆モードで作用する膜貫通セマフォリン4C(Sema4C)のこれまで未知の機能を特定した。Sema4Cは、TGFBRIIおよびBMPR1と共免疫沈降し、この経路の修飾因子としての役割を支持した。Sema4C逆シグナル伝達は、ID1/3転写因子の存在量増加、遺伝子発現の広範な再プログラミングを導き、それにより、浸潤がん細胞の上皮間葉転換の典型的な特徴が抑制された。この表現型は、それにもかかわらず、in vivoでの急速な転移挙動と結びついており、Sema4C発現がヒト乳がんの転移進行と相関するという証拠と一致した。したがって、Sema4C逆シグナル伝達は、浸潤性がん細胞におけるSMAD1/5-およびID1/3-依存的遺伝子発現の再プログラミングと表現型可塑性を促進した。

Citation: S. Gurrapu, G. Franzolin, D. Fard, M. Accardo, E. Medico, I. Sarotto, A. Sapino, C. Isella, L. Tamagnone, Reverse signaling by semaphorin 4C elicits SMAD1/5- and ID1/3-dependent invasive reprogramming in cancer cells. Sci. Signal. 12, eaav2041 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年8月20日号

Editor's Choice

Parkinがネクロトーシスを防ぐ

Research Article

適応的交差薬剤耐性において腫瘍表現型可塑性と代謝リモデリングを標的にする

セマフォリン4Cによる逆シグナル伝達はがん細胞においてSMAD1/5-およびID1/3-依存的浸潤性再プログラミングを誘発する

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する