• ホーム
  • LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

LGP2 binds to PACT to regulate RIG-I- and MDA5-mediated antiviral responses

Research Article

Sci. Signal. 01 Oct 2019:
Vol. 12, Issue 601, eaar3993
DOI: 10.1126/scisignal.aar3993

Raul Y. Sanchez David1,2,*,†, Chantal Combredet1,*, Valérie Najburg1, Gael A. Millot3, Guillaume Beauclair1, Benno Schwikowski4, Thibaut Léger5, Jean-Michel Camadro5,6, Yves Jacob7, Jacques Bellalou8, Nolwenn Jouvenet1, Frédéric Tangy1,‡, and Anastassia V. Komarova1,‡

1 Unité de Génomique Virale et Vaccination, Institut Pasteur, CNRS UMR-3569, Paris, France.
2 Ecole doctorale B3MI/Paris7, Paris, France.
3 Hub de Bioinformatique et Biostatistique-C3BI, Institut Pasteur, USR 3756 CNRS, Paris, France.
4 Systems Biology Laboratory and USR 3756, Institut Pasteur and CNRS, Paris, France.
5 Mass Spectrometry Laboratory, Institut Jacques Monod, UMR 7592, Univ Paris Diderot, CNRS, Sorbonne Paris Cité, F-75205 Paris, France.
6 Mitochondria, Metals, and Oxidative Stress Group, Institut Jacques Monod, UMR 7592, Université Paris Diderot, CNRS, Sorbonne Paris Cité, F-75205 Paris, France.
7 Unité de Génétique Moléculaire des Virus á ARN, Institut Pasteur, Paris, France.
8 Platform of Recombinant Proteins in Prokaryotic Cells, Institut Pasteur, 75015, CNRS UMR 3528, Paris, France.

‡ Corresponding author. Email: frederic.tangy@pasteur.fr (F.T.); stasy@pasteur.fr (A.V.K.)

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: Section of Virology, Department of Medicine, Imperial College London, London, UK.

要約

レチノイン酸誘導遺伝子I(RIG-I)-様受容体(RLR)RIG-I、MDA5、およびLGP2は、ウイルス複製時に生成される非自己RNA分子を感知することにより、炎症および抗ウイルス応答を刺激する。ここで、われわれは、LGP2がいかにI型インターフェロン(IFN)シグナル伝達のRIG-IおよびMDA5依存性誘導を調節するかを調べ、LGP2がRNAサイレンシング機構の異なる構成要素と相互作用することを示した。LGP2とIFN誘導性の二本鎖RNA結合タンパク質PACTとの間の直接的なタンパク質間相互作用を同定した。LGP2-PACT相互作用は、LGP2の調節性C末端ドメインによって媒介され、RIG-I依存性応答の阻害およびMDA5依存性応答の増幅に必要であった。われわれは、LGP2-PACT相互作用を破壊し、RIG-IおよびMDA5シグナル伝達のLGP2による調節の喪失を導くLGP2内の点突然変異を記述した。これらの結果は、LGP2-PACT相互作用がRIG-IおよびMDA5により媒介される炎症反応を調節し、細胞RNAサイレンシング機構が自然免疫反応と協調することを可能にするというモデルを示唆する。

Citation: R. Y. Sanchez David, C. Combredet, V. Najburg, G. A. Millot, G. Beauclair, B. Schwikowski, T. Léger, J.-M. Camadro, Y. Jacob, J. Bellalou, N. Jouvenet, F. Tangy, A. V. Komarova, LGP2 binds to PACT to regulate RIG-I- and MDA5-mediated antiviral responses. Sci. Signal. 12, eaar3993 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年10月1日号

Editor's Choice

ストレス、年齢、そしてがん

Research Article

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する