• ホーム
  • 単一分子イメージングにより細胞内の機能的TNFα誘導性細胞膜TNFR1クラスターのオリゴマー状態が明らかに

単一分子イメージングにより細胞内の機能的TNFα誘導性細胞膜TNFR1クラスターのオリゴマー状態が明らかに

Single-molecule imaging reveals the oligomeric state of functional TNFα-induced plasma membrane TNFR1 clusters in cells

Research Article

Sci. Signal. 14 Jan 2020:
Vol. 13, Issue 614, eaax5647
DOI: 10.1126/scisignal.aax5647

Christos Karathanasis1, Juliane Medler2, Franziska Fricke1, Sonja Smith3, Sebastian Malkusch1,*, Darius Widera4, Simone Fulda3,5,6, Harald Wajant2, Sjoerd J. L. van Wijk3,†, Ivan Dikic7,8,†, and Mike Heilemann1,†

  1. 1 Institute of Physical and Theoretical Chemistry, Goethe University, Max-von-Laue-Strasse 7, 60438 Frankfurt am Main, Germany.
  2. 2 Division of Molecular Internal Medicine, Department of Internal Medicine II, University Hospital Würzburg, Auverahaus, Grombühlstrasse 12, 97080 Würzburg, Germany.
  3. 3 Institute for Experimental Cancer Research in Paediatrics, Goethe University, Komturstrasse 3a, 60528 Frankfurt am Main, Germany.
  4. 4 Stem Cell Biology and Regenerative Medicine Group, School of Pharmacy, University of Reading, RG6 6UB Reading, UK.
  5. 5 German Cancer Consortium (DKTK), Heidelberg, Germany.
  6. 6 German Cancer Research Centre (DKFZ), Heidelberg, Germany.
  7. 7 Institute of Biochemistry II, Goethe University Medical School, Theodor-Stern-Kai 7, 60590 Frankfurt am Main, Germany.
  8. 8 Buchmann Institute for Molecular Life Sciences (BMLS), Goethe University, Max-von-Laue-Strasse 15, 60438 Frankfurt am Main, Germany.

† Corresponding author. Email: s.wijk@kinderkrebsstiftung-frankfurt.de (S.J.L.v.W.); ivan.dikic@biochem2.de (I.D.); heilemann@chemie.uni-frankfurt.de (M.H.)

* Present address: Institute of Clinical Pharmacology, University Hospital of Frankfurt, Goethe University, Theodor-Stern-Kai 7, 60590 Frankfurt am Main, Germany.

要約

リガンド誘発性腫瘍壊死因子受容体1(TNFR1)の活性化は、核内因子活性化B細胞κ-軽鎖エンハンサー(NF-κB)シグナル伝達、細胞増殖、プログラム細胞死、および生存を制御し、炎症、自己免疫疾患、およびがんの進行に決定的に関与する。シグナル伝達にTNFR1クラスター化が関連しているにもかかわらず、リガンドフリーおよびリガンド活性化TNFR1のオリゴマー化に関しては、議論の余地がある。現在、モデルの範囲は、リガンド非依存性の受容体プレダイマー化からリガンド誘導性のオリゴマー化に及ぶ。ここでは、定量的、単一分子超解像顕微鏡法を用いて、ネイティブの細胞環境および生理学的な細胞表面存在量でTNFR1の集合を直接研究した。そのリガンドTNFαの非存在下で、TNFR1は、単量体および二量体受容体ユニットを構成していた。TNFαが結合すると、TNFR1は主に、三量体だけでなく、より高次のオリゴマーにもクラスター化した。TNFR1のプレリガンド会合ドメインの機能的変異により、リガンド結合障害を示す単量体TNFR1のみが生じた。対照的に、リガンド結合CRD2サブドメインに変異をもつTNFR1の形態は、非リガンド結合野生型TNFR1のモノマー対ダイマー比を保持したが、リガンド結合は示さなかった。これらの結果は、NF-κBシグナル伝達におけるリガンド非依存性TNFR1二量体化の重要性を強調する。

Citation: C. Karathanasis, J. Medler, F. Fricke, S. Smith, S. Malkusch, D. Widera, S. Fulda, H. Wajant, S. J. L. van Wijk, I. Dikic, M. Heilemann, Single-molecule imaging reveals the oligomeric state of functional TNFα-induced plasma membrane TNFR1 clusters in cells. Sci. Signal. 13, eaax5647 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年1月14日号

Editor's Choice

KRAS阻害薬に対する耐性を予測する

Research Article

コレラ菌MARTX毒素はアクチン細胞骨格の崩壊を引き起こす前に細胞骨格の損傷に対する炎症反応を抑える

単一分子イメージングにより細胞内の機能的TNFα誘導性細胞膜TNFR1クラスターのオリゴマー状態が明らかに

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤