• ホーム
  • コレラ菌MARTX毒素はアクチン細胞骨格の崩壊を引き起こす前に細胞骨格の損傷に対する炎症反応を抑える

コレラ菌MARTX毒素はアクチン細胞骨格の崩壊を引き起こす前に細胞骨格の損傷に対する炎症反応を抑える

The Vibrio cholerae MARTX toxin silences the inflammatory response to cytoskeletal damage before inducing actin cytoskeleton collapse

Research Article

Sci. Signal. 14 Jan 2020:
Vol. 13, Issue 614, eaaw9447
DOI: 10.1126/scisignal.aaw9447

Patrick J. Woida and Karla J. F. Satchell*

Department of Microbiology-Immunology, Feinberg School of Medicine, Northwestern University, Chicago, IL 60611, USA.

* Corresponding author. Email: k-satchell@northwestern.edu

要約

多機能性自己プロセシング毒素内リピート(MARTX)毒素は、機能的に独立した複数のエフェクタードメインを標的の真核細胞内へ移動させるポア形成細菌性毒素である。コレラ菌(Vibrio cholerae)は腸上皮細胞(IEC)に定着し、アクチン架橋結合ドメイン(ACD)、Rho不活性化ドメイン(RID)、α/βヒドロラーゼドメインという3つのエフェクタードメインを有するMARTX毒素を用いて、自然免疫を抑制し、コロニー形成を促進する。われわれは、単一の毒素から送達されるこれら複数の触媒性酵素が腸管内の自然免疫を抑制するために協調して機能するかどうかを調べた。そして、培養ヒトIECにおいて、ACDに誘発される細胞骨格の崩壊が細胞外シグナル制御キナーゼ、p38、c-Junアミノ末端キナーゼのマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)シグナル伝達を活性化し、インターロイキン8(IL-8、別名CXCL8)の分泌およびCXCL8、腫瘍壊死因子(TNF)、その他の炎症誘発性遺伝子の発現を特徴とする堅牢な炎症促進性反応を誘発することを実証した。一方、ACDと本来一緒に送達されるRIDとABHは、Rac1を介してMAPKの活性化を阻害し、それによってACDに誘導される炎症を阻止した。またRIDは、加熱死菌、TNF、またはラトランクリンAによって誘導されるIL-8の分泌も消失させた。このように、MARTX毒素は酵素の多機能性を用いて、細菌因子に対する、または毒素によって引き起こされた損傷に対する宿主応答を抑える。さらに、これらのデータは、コレラ菌MARTX毒素がどのように腸管内の炎症を抑制し、非炎症性下痢性疾患として古典的に定義されるコレラに寄与するのかを明らかにしている。

Citation: P. J. Woida, K. J. F. Satchell, The Vibrio cholerae MARTX toxin silences the inflammatory response to cytoskeletal damage before inducing actin cytoskeleton collapse. Sci. Signal. 13, eaaw9447 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年1月14日号

Editor's Choice

KRAS阻害薬に対する耐性を予測する

Research Article

コレラ菌MARTX毒素はアクチン細胞骨格の崩壊を引き起こす前に細胞骨格の損傷に対する炎症反応を抑える

単一分子イメージングにより細胞内の機能的TNFα誘導性細胞膜TNFR1クラスターのオリゴマー状態が明らかに

最新のResearch Article記事

2021年4月13日号

mTORC2は保存されたTOR相互作用モチーフのリン酸化によってPKCおよびAktの活性を調節する

DDAH2は一酸化窒素により活性化されるDrp1誘導性のミトコンドリア分裂を刺激することによってRLR-MAVSを介する抗ウイルス自然免疫を抑制する

2021年4月6日号

骨髄系細胞由来HOClは、メラノーマ細胞のIKK/NF-κBをトランス阻害し早期の腫瘍進展を抑制するパラクリンエフェクターである

mGlu2/mGlu4受容体ヘテロ二量体による前頭前皮質内側部におけるグルタミン酸作動性シナプス伝達の入力特異的な調節

2021年3月30日号

GRK5のN末端ペプチドが圧過負荷肥大心および心不全を軽減する