• ホーム
  • アポトーシスシグナル調節キナーゼによる優先的な複合体形成の構造に基づく機構

アポトーシスシグナル調節キナーゼによる優先的な複合体形成の構造に基づく機構

Structure-based mechanism of preferential complex formation by apoptosis signal-regulating kinases

Research Article

Sci. Signal. 10 Mar 2020:
Vol. 13, Issue 622, eaay6318
DOI: 10.1126/scisignal.aay6318

Sarah J. Trevelyan1, Jodi L. Brewster1, Abigail E. Burgess1, Jennifer M. Crowther2,*, Antonia L. Cadell3, Benjamin L. Parker4, David R. Croucher3,5,6, Renwick C. J. Dobson2,7, James M. Murphy8,9, and Peter D. Mace1,†

  1. 1 Department of Biochemistry, School of Biomedical Sciences, University of Otago, P.O. Box 56, 710 Cumberland St., Dunedin 9054, New Zealand.
  2. 2 Biomolecular Interaction Centre, School of Biological Sciences, University of Canterbury, Christchurch, New Zealand.
  3. 3 Kinghorn Cancer Centre, Garvan Institute of Medical Research, Sydney, New South Wales 2010, Australia.
  4. 4 Department of Physiology, School of Biomedical Sciences, University of Melbourne, Parkville, Victoria 3010, Australia.
  5. 5 St Vincent's Hospital Clinical School, University of New South Wales, Sydney, New South Wales, 2052, Australia.
  6. 6 School of Medicine and Medical Science, University College Dublin, Belfield, Dublin 4, Ireland.
  7. 7 Department of Biochemistry and Molecular Biology, Bio21 Molecular Science and Biotechnology Institute, University of Melbourne, Parkville, Victoria 3010, Australia.
  8. 8 Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research, Parkville, Victoria 3052, Australia.
  9. 9 Department of Medical Biology, University of Melbourne, Parkville, Victoria 3010, Australia.

* Corresponding author. Email: peter.mace@otago.ac.nz

* Present address: Institute of Quantitative Biology, Biochemistry and Biotechnology, University of Edinburgh, Edinburgh, UK.

要約

アポトーシスシグナル調節キナーゼ(ASK1、ASK2、ASK3)は、p38およびc-Jun N末端キナーゼ(JNK)マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路の活性化因子である。ASK1-3は、多様なストレス刺激に応答してシグナル伝達カスケードを開始するASKシグナロソームとして知られるオリゴマー複合体を形成する。本稿でわれわれは、ASKタンパク質のオリゴマー形成が、これまで特徴付けされていなかった、各ASKタンパク質のC末端に存在するステライルαモチーフ(SAM)ドメインによって駆動されることを示した。ASK1-3のSAMドメインは、それぞれに異なる振る舞いを呈した。ASK1のSAMドメインは不安定なオリゴマーを形成し、ASK2のSAMドメインは単量体のままのものが優勢で、ASK3のSAMドメインは低濃度であっても安定したオリゴマーを形成した。単離された状態でのこのような振る舞いとは対照的に、ASK1とASK2のSAMドメインは安定したヘテロ複合体を優先的に形成した。ASK3のSAMドメインの結晶構造解析、X線小角散乱法、変異原性試験では、ASK3オリゴマーとASK1-ASK2複合体が、一方の分子の中央ループと他方の分子の末端らせんとの相互作用を通じて、個別の準らせん状リングを形成することが示された。優先的なASK1-ASK2結合は、全長ASK1が大量のASK2を取り込んでヘテロオリゴマー複合体を形成することを示した質量分析とも一致した。したがって、SAMドメイン間の会合を妨害すると、4-ヒドロキシ-2-ノネナール(HNE)によって求電子性ストレスが誘導された状況でのASK活性が損なわれた。これらの知見は、ASKタンパク質が炎症性シグナル伝達を駆動するフォーカスを構築するための構造テンプレートを与えるものであり、ASKタンパク質を標的とする戦略ではASKファミリーメンバーの協奏的な活動を考慮すべきであるという考えを強化している。

Citation: S. J. Trevelyan, J. L. Brewster, A. E. Burgess, J. M. Crowther, A. L. Cadell, B. L. Parker, D. R. Croucher, R. C. J. Dobson, J. M. Murphy, P. D. Mace, Structure-based mechanism of preferential complex formation by apoptosis signal-regulating kinases. Sci. Signal. 13, eaay6318 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年3月10日号

Editor's Choice

併用療法ではタイミングが重要である

Research Article

アポトーシスシグナル調節キナーゼによる優先的な複合体形成の構造に基づく機構

モータリン(HSPA9)はANT3に媒介されるミトコンドリア膜透過性を低下させることで、BRAF変異型細胞の生存を促す

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤