• ホーム
  • モータリン(HSPA9)はANT3に媒介されるミトコンドリア膜透過性を低下させることで、BRAF変異型細胞の生存を促す

モータリン(HSPA9)はANT3に媒介されるミトコンドリア膜透過性を低下させることで、BRAF変異型細胞の生存を促す

Mortalin (HSPA9) facilitates BRAF-mutant tumor cell survival by suppressing ANT3-mediated mitochondrial membrane permeability

Research Article

Sci. Signal. 10 Mar 2020:
Vol. 13, Issue 622, eaay1478
DOI: 10.1126/scisignal.aay1478

Pui-Kei Wu1, Seung-Keun Hong1, Wenjing Chen1, Andrew E. Becker1, Rebekah L. Gundry1,2, Chien-Wei Lin3, Hao Shao4, Jason E. Gestwicki4, and Jong-In Park1,*

  1. 1 Department of Biochemistry, Medical College of Wisconsin, Milwaukee, WI 53226, USA.
  2. 2 Center for Biomedical Mass Spectrometry Research, Medical College of Wisconsin, Milwaukee, WI 53226, USA.
  3. 3 Division of Biostatistics, Medical College of Wisconsin, Milwaukee, WI 53226, USA.
  4. 4 Department of Pharmaceutical Chemistry, University of California, San Francisco, San Francisco, CA 94158, USA.

† Corresponding author. Email: jipark@mcw.edu

要約

モータリン[別名、ヒートショックタンパク質ファミリーA(HSP70)メンバー9(HSPA9)またはグルコース制御性タンパク質75(GRP75)]は、キナーゼであるMEKおよびERKの異常活性化に伴いしばしばアップレギュレートされ腫瘍内に誤局在化される、ミトコンドリア分子シャペロンである。本稿でわれわれは、モータリンの枯渇が、変異型キナーゼB-RafV600Eまたはキメラタンパク質ΔRaf-1:ERを発現している腫瘍および不死化正常細胞を選択的に死滅させること、さらに、モータリンのペプチド結合ドメインのMEK-ERK感受性の制御が細胞の生死に重要であることを見出した。プロテオミクス・スクリーニングから、これまで未知であったモータリンの基質であり、かつ細胞の生死に関わるエフェクターとして、アデニンヌヌクレオチドトランスロカーゼ3(ANT3)を同定した。機構的には、MEK-ERKシグナル伝達活性とモータリン機能の亢進は、ミトコンドリアの透過性の制御に反対に収束した。具体的には、MEK-ERK活性は、ANT3とペプチジルプロリル イソメラーゼであるシクロフィリン(CypD)の相互作用を促すことでミトコンドリアの透過性を亢進し、モータリンはこの相互作用を阻害することでミトコンドリアの透過性を低下させた。したがって、モータリンの枯渇はMEK-ERK調節異常細胞において、細胞死を引き起こす程度までミトコンドリアの透過性を亢進した。モータリンを効果的に阻害するHSP70阻害剤誘導体は、そのB-Raf阻害剤耐性子孫細胞を含め、B-RafV600E腫瘍細胞の増殖を培養系およびin vivoで抑制した。これらの所見は、モータリンを標的とすることが、B-Raf変異型またはMEK-ERK駆動型腫瘍における選択的治療戦略としての可能性があることを示唆している。

Citation: P.-K. Wu, S.-K. Hong, W. Chen, A. E. Becker, R. L. Gundry, C.-W. Lin, H. Shao, J. E. Gestwicki, J.-I. Park, Mortalin (HSPA9) facilitates BRAF-mutant tumor cell survival by suppressing ANT3- mediated mitochondrial membrane permeability. Sci. Signal. 13, eaay1478 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年3月10日号

Editor's Choice

併用療法ではタイミングが重要である

Research Article

アポトーシスシグナル調節キナーゼによる優先的な複合体形成の構造に基づく機構

モータリン(HSPA9)はANT3に媒介されるミトコンドリア膜透過性を低下させることで、BRAF変異型細胞の生存を促す

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤