• ホーム
  • ERシャペロンカルネキシンはミトコンドリアの位置と呼吸を制御する

ERシャペロンカルネキシンはミトコンドリアの位置と呼吸を制御する

The ER chaperone calnexin controls mitochondrial positioning and respiration

Research Article

Sci. Signal. 30 Jun 2020:
Vol. 13, Issue 638, eaax6660
DOI: 10.1126/scisignal.aax6660

Tomás Gutiérrez1, Hong Qi2, Megan C. Yap1, Nasser Tahbaz1, Leanne A. Milburn1, Eliana Lucchinetti3, Phing-How Lou3, Michael Zaugg3, Paul G. LaPointe1, Pascal Mercier4, Michael Overduin4, Helmut Bischof5, Sandra Burgstaller5, Roland Malli5, Klaus Ballanyi6, Jianwei Shuai7, and Thomas Simmen1,*

  1. 1 Faculty of Medicine and Dentistry, Department of Cell Biology, University of Alberta, Edmonton, Alberta T6G 2H7, Canada.
  2. 2 Complex Systems Research Center, Shanxi University, Taiyuan 030006, China.
  3. 3 Department of Anesthesiology and Pain Medicine, University of Alberta, Edmonton, Alberta T6G 2H7, Canada.
  4. 4 Department of Biochemistry and National Field Nuclear Magnetic Resonance Centre (Nanuc), University of Alberta, Edmonton, Alberta T6G 2H7, Canada.
  5. 5 Gottfried Schatz Research Center for Cell Signaling, Metabolism and Aging, Medical University of Graz, 8010 Graz, Austria.
  6. 6 Department of Physiology, University of Alberta, Edmonton, Alberta T6G 2H7, Canada.
  7. 7 Department of Physics, and State Key Laboratory of Cellular Stress Biology, Innovation Center for Cell Signaling Network, Xiamen University, Xiamen 361005, China.

* Corresponding author. Email: thomas.simmen@ualberta.ca

要約

小胞体(ER)のシャペロンは、Ca2+イオンのミトコンドリアへの流入を制御し、それにより酸化的リン酸化経路のエネルギー出力を増加または減少させる。一例は、豊富なERレクチンカルネキシンで、これは筋/小胞体Ca2+ ATPase(SERCA)と相互作用する。われわれは、カルネキシンがその酸化還元状態を維持することによりSERCAのATPアーゼ活性を刺激することを見出した。この機能により、カルネキシンは、ミトコンドリアの生体エネルギーの重要な決定要因であるミトコンドリアで利用可能なER Ca2+の量を制御できるようになった。カルネキシン欠損細胞は、エネルギー生成を解糖経路に部分的にシフトすることにより、この機能の喪失を補償した。これらの細胞はまた、ERとミトコンドリア間のより密接な並置を示した。このように、カルネキシンは、酸化的リン酸化と解糖間の細胞エネルギーバランスを制御する。

Citation: T. Gutiérrez, H. Qi, M. C. Yap, N. Tahbaz, L. A. Milburn, E. Lucchinetti, P.-H. Lou, M. Zaugg, P. G. LaPointe, P. Mercier, M. Overduin, H. Bischof, S. Burgstaller, R. Malli, K. Ballanyi, J. Shuai, T. Simmen, The ER chaperone calnexin controls mitochondrial positioning and respiration. Sci. Signal. 13, eaax6660 (2020)

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年6月30日号

Editor's Choice

新たなつながり:神経発生のスイッチ

Research Article

ERシャペロンカルネキシンはミトコンドリアの位置と呼吸を制御する

脊髄後角でのCbl-bによるGluN2Bサブユニット含有NMDA受容体のユビキチン化と機能修飾

最新のResearch Article記事

2020年7月7日号

BMP-1はマトリックス細胞タンパク質トロンボスポンジン1の切断を介して細胞接着を破壊し、TGF-β活性化を増強する

可逆的システイン酸化によるオーロラAの制御から、進化的に保存されているSer/Thrプロテインキナーゼ活性のレドックス制御が明らかに

フルクトサミン-3-キナーゼのレドックス活性スイッチはプロテインキナーゼスーパーファミリーの調節レパートリーを拡大する

2020年6月30日号

ERシャペロンカルネキシンはミトコンドリアの位置と呼吸を制御する

脊髄後角でのCbl-bによるGluN2Bサブユニット含有NMDA受容体のユビキチン化と機能修飾