• ホーム
  • 乳がん関連マクロファージは腫瘍細胞のコハク酸デヒドロゲナーゼを抑制することにより腫瘍形成を促進する

乳がん関連マクロファージは腫瘍細胞のコハク酸デヒドロゲナーゼを抑制することにより腫瘍形成を促進する

Breast cancer-associated macrophages promote tumorigenesis by suppressing succinate dehydrogenase in tumor cells

Research Article

Sci. Signal. 06 Oct 2020:
Vol. 13, Issue 652, eaax4585
DOI: 10.1126/scisignal.aax4585

Valentí Gómez1,*, Thomas R. Eykyn2, Rami Mustapha3, Fabián Flores-Borja4, Victoria Male5, Paul R. Barber1, Antonia Patsialou1, Ryan Green4, Fani Panagaki2, Chun W. Li2, Gilbert O. Fruhwirth2, Susana Ros6, Kevin M. Brindle6, and Tony Ng1,3,4,*

  1. 1 UCL Cancer Institute, University College London, London WC1E 6DD, UK.
  2. 2 School of Biomedical Engineering and Imaging Sciences, King's College London, London SE1 7EH, UK.
  3. 3 School of Cancer and Pharmaceutical Sciences, King's College London, London SE1 1UL, UK.
  4. 4 KCL Breast Cancer Now Research Unit, Department of Research Oncology, Guy's Hospital, King's College London, London SE1 1UL, UK.
  5. 5 Institute of Immunity and Transplantation, Royal Free Hospital, University College London, London NW3 2QG, UK.
  6. 6 Cancer Research UK Cambridge Institute, University of Cambridge, Li Ka Shing Centre, Cambridge CB2 0RE, UK.

* Corresponding author. Email: tony.ng@kcl.ac.uk (T.N.), valentin.gomez@ucl.ac.uk (V.G.)

要約

腫瘍関連マクロファージ(TAM)は、炎症誘発性および抗炎症性の状態で存在しうる。抗炎症性TAM(M2分極とも呼ばれる)は、一般に抗腫瘍免疫反応を抑制し、がんの転移進行を促進する。この現象の背後にある機構を探索するため、マウスとヒトからマクロファージを単離し、ex vivoで極性化し、培養およびマウスにおいて、乳がん細胞との機能的相互作用を調べた。われわれは、抗炎症性TAMが、さまざまな腫瘍形成促進性表現型を支持する乳がん細胞の代謝状態を促進することを見出した。抗炎症性TAMはサイトカインTGF-βを分泌し、乳がん細胞のその受容体に結合すると、転写因子STAT1の存在量を抑制し、その結果、腫瘍細胞の代謝酵素コハク酸デヒドロゲナーゼ(SDH)の存在量を減少させた。腫瘍細胞のSDHレベルの低下は、コハク酸の蓄積をもたらし、転写因子HIF1αの安定性を高め、細胞代謝を解糖状態へと再プログラムした。4T1マウスモデルでのTAM枯渇-充填実験は、さらに、抗炎症性マクロファージがHIF関連血管新生と腫瘍での免疫抑制タンパク質PD-L1の発現を促進することを明らかにした。これらの発見は、抗炎症性TAMが、乳がん細胞の代謝を変化させることにより、腫瘍関連血管新生および免疫抑制を促進することを示唆する。

Citation: V. Gómez, T. R. Eykyn, R. Mustapha, F. Flores-Borja, V. Male, P. R. Barber, A. Patsialou, R. Green, F. Panagaki, C. W. Li, G. O. Fruhwirth, S. Ros, K. M. Brindle, T. Ng, Breast cancer- associated macrophages promote tumorigenesis by suppressing succinate dehydrogenase in tumor cells. Sci. Signal. 13, eaax4585 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年10月6日号

Editor's Choice

骨で暖かさを感じる

Research Article

プロゲステロン受容体アイソフォームの恒常的発現がホルモン依存性の卵巣新生物の発生を促進する

乳がん関連マクロファージは腫瘍細胞のコハク酸デヒドロゲナーゼを抑制することにより腫瘍形成を促進する

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤