• ホーム
  • 喘息患者の肺機能を改善するためのオストールの気道弛緩機序と構造基盤

喘息患者の肺機能を改善するためのオストールの気道弛緩機序と構造基盤

Airway relaxation mechanisms and structural basis of osthole for improving lung function in asthma

Research Article

Sci. Signal. 24 Nov 2020:
Vol. 13, Issue 659, eaax0273
DOI: 10.1126/scisignal.aax0273

Sheng Wang1,2,3,*, Yan Xie2,*, Yan-Wu Huo1, Yan Li4, Peter W. Abel2, Haihong Jiang2, Xiaohan Zou4, Hai-Zhan Jiao1,3, Xiaolin Kuang1,3, Dennis W. Wolff5, You-Guo Huang1, Thomas B. Casale6, Reynold A. Panettieri Jr.7, Taotao Wei1,†, Zhengyu Cao4,†, and Yaping Tu2,†

  1. 1 National Laboratory of Biomacromolecules, Institute of Biophysics, Chinese Academy of Sciences, Beijing 100101, China.
  2. 2 Department of Pharmacology and Neuroscience, Creighton University School of Medicine, Omaha, NE 68178, USA.
  3. 3 University of Chinese Academy of Sciences, Beijing 100049, China.
  4. 4 State Key Laboratory of Natural Medicines and Jiangsu Provincial Key Laboratory for TCM Evaluation and Translational Development, China Pharmaceutical University, Nanjing 211198, China.
  5. 5 Kansas City University of Medicine and Biosciences-Joplin, Joplin, MO 64804, USA.
  6. 6 Department of Internal Medicine, University of South Florida School of Medicine, Tampa, FL 33612, USA.
  7. 7 Rutgers Institute for Translational Medicine and Science, Rutgers Biomedical and Health Sciences, Rutgers University, New Brunswick, NJ 08901, USA..

† Corresponding author. Email: yat60399@creighton.edu (Y.T.); weitt@moon.ibp.ac.cn (T.W.); zycao1999@hotmail.com (Z.C.)

* These authors contributed equally to this work.

要約

β2アドレナリン受容体アゴニスト気管支拡張薬の過剰使用は、喘息患者において受容体の脱感作、有効性の低下、死亡リスクの増加を誘発する。β2アドレナリン受容体を標的としない気管支拡張薬は、喘息管理の重大なアンメット・ニーズに対応するものである。本稿でわれわれは、喘息の前臨床モデルにおいて、漢方薬に由来するクマリンであるオストールの有用性を明らかにする。マウスの精密に切り出された肺切片においてオストールは、β2アドレナリン受容体の脱感作に関係なく、前もって収縮させた気道を弛緩させた。マウス喘息モデルにオストールを投与すると、喘息の特徴である気道過敏性が減弱された。オストールはホスホジエステラーゼ4D(PDE4D)の活性を抑制して気道平滑筋細胞のプロスタグランジンE2の自己分泌シグナル伝達を増幅し、最終的に、cAMP/PKA依存性気道弛緩を引き起こした。PDE4Dとオストールの複合体の結晶構造からは、オストールがPDE4Dの触媒部位に結合してcAMP結合と加水分解を妨げていることが明らかになった。まとめると、われわれの研究は、オストールが気道弛緩を誘発する際の特異的分子標的と機序を明らかにしている。PDE4Dのオストール結合部位の同定は、タキフィラキシーになりにくい気管支拡張薬のさらなる開発を導き、β2アドレナリン受容体アゴニスト耐性の回避につながる。

Citation: S. Wang, Y. Xie, Y.-W. Huo, Y. Li, P. W. Abel, H. Jiang, X. Zou, H.-Z. Jiao, X. Kuang, D. W. Wolff, Y.-G. Huang, T. B. Casale, R. A. Panettieri Jr., T. Wei, Z. Cao, Y. Tu, Airway relaxation mechanisms and structural basis of osthole for improving lung function in asthma. Sci. Signal. 13, eaax0273 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年11月24日号

Editor's Choice

カルシトニンにより心拍動が一層リズミカルに

Research Article

喘息患者の肺機能を改善するためのオストールの気道弛緩機序と構造基盤

カリクレイン13はヒトコロナウイルスHKU1による感染時にプライミングプロテアーゼとして働く

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤