• ホーム
  • TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤

Structural basis for transcriptional coactivator recognition by SMAD2 in TGF-β signaling

Research Article

Sci. Signal. 15 Dec 2020:
Vol. 13, Issue 662, eabb9043
DOI: 10.1126/scisignal.abb9043

Ken-ichi Miyazono1, Tomoko Ito1, Yui Fukatsu2, Hikaru Wada1, Akira Kurisaki2, and Masaru Tanokura1,*

  1. 1 Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Tokyo 113-8657, Japan.
  2. 2 Graduate School of Biological Sciences, Nara Institute of Science and Technology, Nara 630-0192, Japan.

* Corresponding author. Email: amtanok@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

要約

トランスフォーミング増殖因子-β(TGF-β)タンパク質は、細胞増殖、アポトーシス、細胞外マトリックス形成など、複数の細胞機能を調節する。TGF-βシグナル伝達の調節不全は、がんや線維症などの疾患を引き起こすため、TGF-βシグナル伝達の生化学的基盤を理解することは、これら疾患の発症機構を解明するのに重要である。SMADタンパク質は、TGF-βシグナル伝達に依存する遺伝子発現を仲介する転写因子である。転写コアクチベーターCBPは、SMAD2のMH2ドメインと直接相互作用して、SMAD複合体依存的遺伝子発現を活性化する。ここでは、SMAD2によるCBP認識の構造的基盤を報告する。CBPのSMAD2結合領域と複合体を形成したSMAD2 MH2ドメインの結晶構造は、CBPがSMAD2の疎水性表面に両親媒性ヘリックスを形成することを示した。SMAD2との結合増加を示す変異型CBPペプチドの発現は、培養細胞におけるTGF-βシグナル伝達に応答してSMAD2依存的遺伝子発現を抑制した。したがって、SMAD2とCBPの間の相互作用を阻害することは、SMAD依存的遺伝子発現を抑制する有望な戦略である可能性がある。

Citation: K. Miyazono, T. Ito, Y. Fukatsu, H. Wada, A. Kurisaki, M. Tanokura, Structural basis for transcriptional coactivator recognition by SMAD2 in TGF-β signaling. Sci. Signal. 13, eabb9043 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年12月15日号

Editor's Choice

シグナル伝達パターンを確立する

Research Article

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤