• ホーム
  • PTEN:P-Rex2シグナル伝達複合体の構造解析によってがん関連変異がどのように協調してRac1を過剰活性化させるのかが明らかに

PTEN:P-Rex2シグナル伝達複合体の構造解析によってがん関連変異がどのように協調してRac1を過剰活性化させるのかが明らかに

Structural analysis of the PTEN:P-Rex2 signaling complex reveals how cancer-associated mutations coordinate to hyperactivate Rac1

Research Article

Science Signaling 04 May 2021:
Vol. 14, Issue 681, eabc4078
DOI: 10.1126/scisignal.abc4078

Laura D'Andrea1, Christina M. Lucato1†, Elsa A. Marquez1, Yong-Gang Chang1, Srgjan Civciristov2, Chantel Mastos2, Christopher J. Lupton1, Cheng Huang1,3, Hans Elmlund1, Ralf B. Schittenhelm1,3, Christina A. Mitchell1, James C. Whisstock1,4, Michelle L. Halls2*, Andrew M. Ellisdon1*

  1. 1 Biomedicine Discovery Institute, Monash University, Clayton, 3800 Victoria, Australia.
  2. 2 Drug Discovery Biology Theme, Monash Institute of Pharmaceutical Sciences,Monash University, Parkville, 3052 Victoria, Australia.
  3. 3 Monash Proteomics & Metabolomics Facility, Monash University, Clayton, 3800 Victoria, Australia.
  4. 4 ARC Centre of Excellence in Advanced Molecular Imaging, Monash University, Clayton, 3800 Victoria, Australia.

* Corresponding author. Email: andrew.ellisdon@monash.edu (A.M.E.); michelle.halls@monash.edu (M.L.H.)

† These authors contributed equally to this work.

要約

二重特異性ホスファターゼPTENは、PI(3,4,5)P3をPI(4,5)P2へと加水分解してPI3K-AKTシグナル伝達と細胞増殖を阻害することによって、腫瘍抑制因子として機能する。P-Rex2は、Rho GTPアーゼのグアニンヌクレオチド交換因子であり、Gタンパク質共役受容体シグナル伝達の下流のGβγサブユニットや、受容体チロシンキナーゼの下流のPI(3,4,5)P3によって活性化可能である。PTEN:P-Rex2複合体は、転移性がんにおいて変異が多くみられるシグナル伝達ノードである。PTEN:P-Rex2複合体が会合すると、両タンパク質の活性が阻害され、この複合体が調節不全を起こせば、PI3K-AKTシグナル伝達と細胞増殖が駆動される可能性がある。本稿でわれわれは、クロスリンク質量分析と機能研究を用いて、PTEN:P-Rex2複合体の会合と共抑制の機構に関する知見を得た。われわれはPTENが、PTENのC末端尾部にあるPDZ相互作用モチーフとP-Rex2の2つ目のPDZドメインとの相互作用によって、P-Rex2に係留されることを明らかにした。この相互作用は、P-Rex2の表面を横切るようにPTENを架橋させ、PI(3,4,5)P3の加水分解を妨げていた。逆に、PTENはP-Rex2の自己阻害型立体構造をアロステリックに促進するとともに、P-Rex2がGβγと結合するのを阻止していた。さらに、われわれは、PTENを不活性化する変異とP-Rex2のトランケーション変異が重なると、PTENとP-Rex2の変異がそれぞれ単独で生じたときよりも大幅に、Rac1の活性化が促進されることを観察した。これらの洞察から、われわれはPTEN:P-Rex2界面内における、Rac1シグナル伝達の阻害からPTENを脱共役させる機能獲得型がん関連変異群を提唱する。

Citation: L. D'Andrea, C. M. Lucato, E. A. Marquez, Y.-G. Chang, S. Civciristov, C. Mastos, C. J. Lupton,C. Huang, H. Elmlund, R. B. Schittenhelm, C. A. Mitchell, J. C. Whisstock, M. L. Halls, A. M. Ellisdon, Structural analysis of the PTEN:P-Rex2 signaling complex reveals how cancer-associated mutations coordinate to hyperactivate Rac1. Sci. Signal. 14, eabc4078 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年5月4日号

Editors' Choice

ポリアミンが分散を決定

Research Article

PTEN:P-Rex2シグナル伝達複合体の構造解析によってがん関連変異がどのように協調してRac1を過剰活性化させるのかが明らかに

Homer-Shankインタラクトームのリモデリングは恒常性維持の可塑性を媒介する

最新のResearch Article記事

2024年7月16日号

ヒト単球ではグルコース-酸素の欠乏がHMGCR機能とRac1のプレニル化を抑制し、NLRP3インフラマソームを活性化している

2024年7月16日号

Kv1.3誘導性過分極はカポジ肉腫関連ヘルペスウイルスの効率的な溶解複製に必要である

2024年7月9日号

潜在型細胞外マトリックス複合体からのTGF-β1放出を阻害する抗体が腎線維化の進行を軽減する

2024年7月2日号

改変ミニGタンパク質は対応するGPCRの内在化を妨げ、下流の細胞内シグナル伝達を阻害する

2024年7月2日号

YAPはTEAD–NF-κB複合体を抑制して淡明細胞型腎細胞がんの成長を阻害する