• ホーム
  • SrcファミリーキナーゼLynによるNLRP3のチロシンリン酸化はNLRP3インフラマソームの活性を抑制する

SrcファミリーキナーゼLynによるNLRP3のチロシンリン酸化はNLRP3インフラマソームの活性を抑制する

Tyrosine phosphorylation of NLRP3 by the Src family kinase Lyn suppresses the activity of the NLRP3 inflammasome

Research Article

SCIENCE SIGNALING
26 Oct 2021 Vol 14, Issue 706
DOI: 10.1126/scisignal.abe3410

Juan Tang1,2,3,†, Yizhi Xiao4,5,†, Guoxin Lin1,4,6, Hui Guo1,4, Han-Xiang Deng7, Sha Tu4,8, Wallace Y. Langdon9, Huixiang Yang8, Lijian Tao2, Yalan Li10, R. Marshall Pope10, Neetu Gupta11*, Jian Zhang1,4,*

  1. 1 Department of Microbial Infection and Immunity, Ohio State University, Columbus, OH 43210, USA.
  2. 2 Department of Nephrology, Xiangya Hospital, Central South University, Changsha, Hunan 410008, P.R. China.
  3. 3 Department of Nephrology, The Third Xiangya Hospital, Central South University, Changsha, Hunan 410013, P.R. China.
  4. 4 Department of Pathology, University of Iowa, Iowa City, IA 52242, USA.
  5. 5 Department of Rheumatology and Immunology, Xiangya Hospital, Central South University, Changsha, Hunan 410008, P.R. China.
  6. 6 Department of Anesthesiology, The Third Xiangya Hospital, Central South University, Changsha, Hunan 410013, P.R. China.
  7. 7 Department of Neurology, Northwestern University, Chicago, IL 60611, USA.
  8. 8 Department of Gastroenterology, Xiangya Hospital, Central South University, Changsha, Hunan 410008, P.R. China.
  9. 9 School of Biomedical Sciences, University of Western Australia, Perth, WA 6009, Australia.
  10. 10 Proteomics Facility, Carver College of Medicine, University of Iowa, Iowa City, IA 52242, USA.
  11. 11 Department of Inflammation and Immunity, Lerner Research Institute, Cleveland Clinic, Cleveland, OH 44195, USA.

* Corresponding author. Email: guptan@ccf.org (N.G.); jian-zhang@uiowa.edu (J.Z.)

† These authors contributed equally to this work.

要約

微生物やその他の危険信号に応答して、免疫細胞内のNLRP3インフラマソームはプロテアーゼであるカスパーゼ-1の活性化を引き起こし、カスパーゼ-1は炎症性サイトカインIL-1βの成熟を仲介する。今回われわれは、NLRP3インフラマソームが調節される仕組みを検討した。初代培養マウスマクロファージにおいてNLRP3インフラマソームを活性化すると、SrcファミリーキナーゼのLynが誘導されてNLRP3のTyr918をリン酸化し、このリン酸化がそれに続くユビキチン化の増加と相関し、プロテアソームを介するNLRP3分解を促進することがわかった。Lyn欠損マクロファージでは、NLRP3のチロシンリン酸化とユビキチン化が抑制され、IL-1βの量が増加した。さらに、Lynを欠損したマウスでは、NLRP3依存的に、LPS誘発敗血症性ショックに対する感受性が増加した。われわれのデータは、Lynを介するチロシンリン酸化が、NLRP3インフラマソームの活性を低下させるユビキチン化の前提条件であることを示している。

Citation: J. Tang, Y. Xiao, G. Lin, H. Guo, H.-X. Deng, S. Tu, W. Y. Langdon, H. Yang, L. Tao, Y. Li, R. M. Pope, N. Gupta, J. Zhang, Tyrosine phosphorylation of NLRP3 by the Src family kinase Lyn suppresses the activity of the NLRP3 inflammasome. Sci. Signal. 14, eabe3410 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年10月26日号

Editor's Choice

ストレスの多い記憶

Research Article

SrcファミリーキナーゼLynによるNLRP3のチロシンリン酸化はNLRP3インフラマソームの活性を抑制する

PPARαの活性化によってアストログリアでのβアミロイドの取り込みと分解が促進される

最新のResearch Article記事

2021年10月26日号

SrcファミリーキナーゼLynによるNLRP3のチロシンリン酸化はNLRP3インフラマソームの活性を抑制する

PPARαの活性化によってアストログリアでのβアミロイドの取り込みと分解が促進される

2021年10月19日号

qによってホスホリパーゼCβ1が刺激されるとストレス顆粒タンパク質の会合が促進される

GABAB受容体はG13とのカップリングにより神経保護を媒介する

生きている腫瘍細胞のDNA損傷に対する損傷応答は抗腫瘍免疫を促進する