• ホーム
  • PPARαの活性化によってアストログリアでのβアミロイドの取り込みと分解が促進される

PPARαの活性化によってアストログリアでのβアミロイドの取り込みと分解が促進される

Activation of PPARα enhances astroglial uptake and degradation of β-amyloid

Research Article

SCIENCE SIGNALING
26 Oct 2021 Vol 14, Issue 706
DOI: 10.1126/scisignal.abg4747

Sumita Raha1,†, Arunava Ghosh1,†, Debashis Dutta1, Dhruv R. Patel1, Kalipada Pahan1,2,*

  1. 1 Department of Neurological Sciences, Rush University Medical Center, Chicago, IL 60612, USA.
  2. 2 Division of Research and Development, Jesse Brown Veterans Affairs Medical Center, Chicago, IL 60612, USA.

* Corresponding author. Email: kalipada_pahan@rush.edu

† These authors contributed equally to this work.

要約

アストロサイト(星状細胞、アストログリア)は、アルツハイマー病患者の脳組織で活性化されてアミロイド(Aβ)の蓄積を誘導するグリア細胞の一種である。われわれは以前に、低用量gemfibrozil(GFB、高コレステロール治療用の承認薬)とレチノイン酸(RA、ビタミンA誘導体)を併用すると、リソソームのバイオジェネシス(新生)とオートファジー(自食)のマスターレギュレーター(主要制御因子)である転写因子EB(TFEB)をコードする遺伝子がペルオキシソーム増殖因子活性化受容体α(PPARα)に媒介されて転写されることによって、リソソームの新生が誘導されることを明らかにした。本稿でわれわれは、同じ併用(GFB-RA)によって、アストロサイトでのAβの細胞外間隙からの取り込みとその後の分解が、PPARα依存性経路を介して促進されることを明らかにした。GFB-RAは、PPARαを介して、アストロサイト内に豊富に存在する低密度リポタンパク質受容体(LDLR)とTFEBの両方を刺激した。LDLRはAβの取り込みにきわめて重要であり、TFEBはAβの分解にきわめて重要であった。また、GFB-RA併用治療はアストロサイト内のオートファジーの流動とリソソームの活性を促進した。これらの作用と合致して、アルツハイマー病モデルマウス5XFADにGFB-RAを経口投与すると、アストログリアのPPARαに依存する形で、アステログリアの活性化が神経保護状態へと切り換わり、脳内のAβ負荷が減少し、空間学習と記憶が改善した。これらの知見は、アストログリアのAβの取り込みと分解を刺激するうえでのPPARαの新たな機能を明らかにし、アルツハイマー病に対するGFB-RA併用治療の適応外使用の可能性を示唆するものである。

Citation: S. Raha, A. Ghosh, D. Dutta, D. R. Patel, K. Pahan, Activation of PPARα enhances astroglial uptake and degradation of β-amyloid. Sci. Signal. 14, eabg4747 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年10月26日号

Editor's Choice

ストレスの多い記憶

Research Article

SrcファミリーキナーゼLynによるNLRP3のチロシンリン酸化はNLRP3インフラマソームの活性を抑制する

PPARαの活性化によってアストログリアでのβアミロイドの取り込みと分解が促進される

最新のResearch Article記事

2021年10月26日号

SrcファミリーキナーゼLynによるNLRP3のチロシンリン酸化はNLRP3インフラマソームの活性を抑制する

PPARαの活性化によってアストログリアでのβアミロイドの取り込みと分解が促進される

2021年10月19日号

qによってホスホリパーゼCβ1が刺激されるとストレス顆粒タンパク質の会合が促進される

GABAB受容体はG13とのカップリングにより神経保護を媒介する

生きている腫瘍細胞のDNA損傷に対する損傷応答は抗腫瘍免疫を促進する