• ホーム
  • 植物のMDLタンパク質はヒト細胞においてCXCR2およびCXCR4受容体でサイトカインMIFと相乗作用する

植物のMDLタンパク質はヒト細胞においてCXCR2およびCXCR4受容体でサイトカインMIFと相乗作用する

Plant MDL proteins synergize with the cytokine MIF at CXCR2 and CXCR4 receptors in human cells

Research Article

SCIENCE SIGNALING
21 Nov 2023 Vol 16, Issue 812
[DOI: 10.1126/scisignal.adg2621]

Lukas Spiller1, 2, †, Ramu Manjula1, Franz Leissing3, Jerome Basquin4, Priscila Bourilhon2, ‡, Dzmitry Sinitski2, §, Markus Brandhofer2, Sophie Levecque3, Simona Gerra2, Björn Sabelleck3, Lin Zhang2, 5, Regina Feederle6, 7, Andrew Flatley6, Adrian Hoffmann2, 5, Ralph Panstruga3, *, Jürgen Bernhagen2, 7, *, Elias Lolis1, *

  1. 1 Department of Pharmacology, School of Medicine, Yale University, New Haven, CT 06510, USA.
  2. 2 Division of Vascular Biology, Institute for Stroke and Dementia Research (ISD), Ludwig-Maximilians-Universität (LMU) München, LMU University Hospital, 81377 Munich, Germany.
  3. 3 Unit of Plant Molecular Cell Biology, Institute for Biology I, RWTH Aachen University, 52056 Aachen, Germany.
  4. 4 Department of Structural Cell Biology and Crystallization Facility, Max-Planck-Institute for Biochemistry, 82152 Martinsried, Germany.
  5. 5 Department of Anesthesiology, LMU University Hospital, 81377 Munich, Germany.
  6. 6 Monoclonal Antibody Core Facility, Helmholtz Center Munich, German Research Center for Environmental Health (GmbH), 85764 Neuherberg, Germany.
  7. 7 Munich Cluster for Systems Neurology (SyNergy), 81377 Munich, Germany.

* Corresponding author. Email: elias.lolis@yale.edu (E.L.); juergen.bernhagen@med.uni-muenchen.de (J.B.); panstruga@bio1.rwth-aachen.de (R.P.)

† Present address: University of Ulm, Ulm, Germany.

‡ Present address: Alytix Biotech, Santa Fe, Argentina.

§ Present address: Institute of Microbiology and Laboratory Medicine/WHO-Supranational Reference Laboratory of Tuberculosis, Martinsried, Germany.

Editor's summary

植物MDLタンパク質は炎症誘発性サイトカインMIFと相同であり、ヒト細胞においてMIFの作用の一部を模倣する。Spillerらは、MIFと植物MDLタンパク質の間の相乗作用を実証した。3つのシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)MDLは、ヒトMIFによって形成されるものと構造類似性の高い三量体を形成した。in vitro、酵母、および植物のアッセイでは、MDL1とMDL2が相互に、またMIFとオリゴマー化し、MIFを介した受容体CXCR2およびCXCR4の活性化を増強することが実証された。MDL1は、ヒト好中球および肺上皮細胞において、それぞれMIF誘導性の走化性および炎症性遺伝子の発現を増強し、これらの植物タンパク質がMIFに対する細胞応答を調節する可能性をもつことを示した。
—Annalisa M. VanHook

要約

哺乳類のマクロファージ遊走阻止因子(MIF)とそのパラログであるD-ドーパクロム互変異性酵素は、多機能炎症性サイトカインである。植物には、in vitroで免疫細胞に及ぼすMIFの作用の一部を模倣するオルソログであるMIFおよびD-ドーパクロム互変異性酵素様(MDL)タンパク質がある。われわれは、3つのシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)MDLとMIFの間の構造的および機能的類似性を調べた。MDLのX線結晶構造解析により、MDLとMIFホモ三量体の高い構造類似性が明らかになり、MDLにおける互変異性酵素活性の欠如を説明しうる可能性が示唆された。MDL1とMDL2は、in vitro、酵母、植物の葉において互いに、またMIFと相互作用し、in vitroでMIFとヘテロオリゴマー複合体を形成した。MDLは、MIF受容体CXCR2またはCXCR4を介したシグナル伝達を刺激し、酵母レポーター系、ヒト好中球、およびヒト肺上皮細胞においてMIFに対する応答を増強した。MIF活性を妨害するか、MIF-MDLヘテロオリゴマーの形成を妨げる薬理学的阻害剤は、観察された相乗作用を遮断した。これらの知見は、MDLがMIFに対する細胞応答を増強できることを実証しており、それにより食事や環境からMDLに曝された組織において機能的影響がある可能性がある。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2023年11月21日号

Editors' Choice

ベージュは減量維持の色

Research Article

腸管グリアが腸の侵害受容器との細胞間シグナル伝達を介して炎症中の内臓知覚過敏を促進する

植物のMDLタンパク質はヒト細胞においてCXCR2およびCXCR4受容体でサイトカインMIFと相乗作用する

最新のResearch Article記事

2024年7月16日号

ヒト単球ではグルコース-酸素の欠乏がHMGCR機能とRac1のプレニル化を抑制し、NLRP3インフラマソームを活性化している

2024年7月16日号

Kv1.3誘導性過分極はカポジ肉腫関連ヘルペスウイルスの効率的な溶解複製に必要である

2024年7月9日号

潜在型細胞外マトリックス複合体からのTGF-β1放出を阻害する抗体が腎線維化の進行を軽減する

2024年7月2日号

改変ミニGタンパク質は対応するGPCRの内在化を妨げ、下流の細胞内シグナル伝達を阻害する

2024年7月2日号

YAPはTEAD–NF-κB複合体を抑制して淡明細胞型腎細胞がんの成長を阻害する