• ホーム
  • サーチュインと概日時計:クロマチンと代謝の橋渡しをする

サーチュインと概日時計:クロマチンと代謝の橋渡しをする

Sirtuins and the circadian clock: Bridging chromatin and metabolism

Reviews

Sci. Signal., 9 September 2014
Vol. 7, Issue 342, p. re6
DOI: 10.1126/scisignal.2005685

Selma Masri and Paolo Sassone-Corsi*

Center for Epigenetics and Metabolism, Department of Biological Chemistry, U904 INSERM, University of California, Irvine, Irvine, CA 92697, USA.

*Corresponding author. Email: psc@uci.edu

要約 概日時計は、生物の生理的過程を日々同調させるために必要な、微細に調整された転写および翻訳調節機構である。何層にもわたる複雑性が効率的な時計機能に寄与し、その制御には翻訳後修飾と酵素的フィードバックループが関与する。タンパク質脱アセチル化酵素のサーチュインファミリーの初代メンバーであるSIRT1は、概日機能を調節することが報告された最初のサーチュインであった。SIRT1は、核内での作用によって概日時計に影響を及ぼす。さらに、最近のデータからは、SIRT3とSIRT6が、概日機能のミトコンドリアと核における制御に関与することが示され、ミトコンドリアにおける脂肪酸代謝のような、これまで認識されていなかった、さまざまな細胞内領域に広がる役割が明らかになっている。このレビューでは、さまざまな細胞内小器官において概日機能を指令するサーチュインの役割に注目し、この酵素ファミリーの棲み分けられた役割を仲介する可能性のある内因性シグナルを推測する。

S. Masri and P. Sassone-Corsi, Sirtuins and the circadian clock: Bridging chromatin and metabolism. Sci. Signal. 7, re6 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年9月9日号

Editor's Choice

神経科学
オートファジーは社会性をもつ

Research Article

アブシジン酸の刺激による部位およびキナーゼ特異的なリン酸化を介した孔辺細胞の陰イオンチャネルSLAC1の活性化

硫化水素による内皮型一酸化窒素合成酵素のS-スルフヒドリル化、S-ニトロシル化、およびリン酸化の調整

Reviews

サーチュインと概日時計:クロマチンと代謝の橋渡しをする

最新のReviews記事

2018年1月2日号

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

2017年12月5日号

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

2017年11月14日号

PKMζと記憶の維持の遺伝学

2017年8月22日号

アダプター分子RIAMは免疫機能およびがん進行のインテグリン媒介制御に重要なシグナル伝達事象を統合する

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる