• ホーム
  • マイクロRNAとカルシウムが会合:小胞体のタンパク質恒常性にかかわる共同事業

マイクロRNAとカルシウムが会合:小胞体のタンパク質恒常性にかかわる共同事業

MicroRNAs meet calcium: Joint venture in ER proteostasis

Reviews

Sci. Signal., 4 November 2014
Vol. 7, Issue 350, p. re11
DOI: 10.1126/scisignal.2005671

Fabian Finger and Thorsten Hoppe*

Institute for Genetics and Cologne Cluster of Excellence Cellular Stress Responses in Aging-Associated Diseases (CECAD), University of Cologne, Joseph-Stelzmann-Str. 26, 50931 Cologne, Germany.

* Corresponding author. E-mail: thorsten.hoppe@uni-koeln.de

要約 小胞体は、タンパク質の翻訳と折り畳みにおいて重要な機能を担う細胞のコンパートメントである。その完全性を維持することは、生物の生理機能と生存能にとって根本的に重要である。小胞体腔内Ca2+濃度の動的調節は、小胞体に常在するシャペロンの活性と、タンパク質の負荷と折り畳み能力の均衡を保つERストレス応答経路に影響する。これらの過程を頻繁に変化する細胞内および周囲の状況に順応させ、小胞体Ca2+のハンドリングと貯蔵を改変して小胞体の恒常性を維持するうえで、マイクロRNAが重要な役割を果たすことを示すエビデンスが増加している。われわれは、これらのエビデンスをレビューする。

F. Finger and T. Hoppe, MicroRNAs meet calcium: Joint venture in ER proteostasis. Sci. Signal. 7, re11 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年11月4日号

Editor's Choice

神経変性
ALSとパーキンソン病はマイトファジーで交わる

Research Article

タンパク質フォールディングはキナーゼに認識される構造に基づく非連続コンセンサスリン酸化モチーフを作り出す

PIP4kγは飢餓状態での基底レベルのmTORC1シグナル伝達を維持するmTORC1の基質である

Reviews

マイクロRNAとカルシウムが会合:小胞体のタンパク質恒常性にかかわる共同事業

最新のReviews記事

2018年1月2日号

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

2017年12月5日号

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

2017年11月14日号

PKMζと記憶の維持の遺伝学

2017年8月22日号

アダプター分子RIAMは免疫機能およびがん進行のインテグリン媒介制御に重要なシグナル伝達事象を統合する

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる